HOME > BOOK >

『無声の喋り――神経性進行性筋萎縮症・学用患者として50年』

吉村 義正 19990625 清風堂書店,271p.


このHP経由で購入すると寄付されます

■吉村 義正 19990625 『無声の喋り――神経性進行性筋萎縮症・学用患者として50年』,清風堂書店,271p. ISBN-10: 4883131610 ISBN-13: 978-4883131617 \2000 [amazon][kinokuniya]

■内容
(「MARC」データベースより)

太平洋戦争のさなかに原因も治療法も不明の神経性進行性筋萎縮症であると診断され、24歳から74歳の今日まで、病室で過ごした濃縮された人生を公開。自選短歌・散文・イラスト・漫画なども併録する。

■目次 ■引用

■書評・紹介

■言及



*作成:三野 宏治
UP: 20091125 REV:
「難病」  ◇身体×世界:関連書籍  ◇BOOK
TOP HOME(http://www.arsvi.com)