HOME > BOOK >

『アディクションアプローチ――もうひとつの家族援助論』

信田 さよ子 19990615 医学書院,220p.


このHP経由で購入すると寄付されます

信田 さよ子 19990615 『アディクションアプローチ――もうひとつの家族援助論』,医学書院,220p. ISBN-10: 4260330020 ISBN-13: 978-4260330022 2100 [amazon]/ryospage03-22">[amazon][kinokuniya] ※ f03 m.

■内容(「MARC」データベースより)

なぜ家族が見えないのか、どうすれば家族に巻き込まれずにすむのか、アディクション(依存症)の世界で積み上げられた経験が役立つ時代がやってきた。多くの看護職を悩ませる「家族問題」がこれで理解できる。〈ソフトカバー〉

■以下白石正明さんより

[本書の概要]
 著者の信田さよ子氏は、アルコール依存症を中心とした「アディクション(嗜癖)」の領域で30年間近く家族援助にかかわってきました。本書ではその臨床体験をもとに、「家族とは何か」「援助とは何か」を探っていきます。

 医療の中心が慢性疾患・在宅へとシフトするにしたがって、看護婦をはじめとする多くの援助専門職は、患者本人だけでなく家族と正面から関わらなくてはならなくなりました。訪問看護の興隆もその一つのあらわれでしょう。そこでは「家族のすばらしさ」が過度に強調されがちですが、現場からは逆に「家族のこわさ」を指摘する声も聞こえてきます。ここ数年はとくに「家族に巻き込まれる」事例を耳にすることが多くなりました。
 このような時代に、@本人だけでなく家族も援助対象であり(本人と家族の区別なし)、A自助グループによって回復し(治療者と被治療者の区別なし)、B家族の愛情は回復を阻害する要因になる(愛情は無効である)というように、いままで自明のものと思われてきた家族や援助にまつわるさまざまな常識をことごとく反転させる信田氏の論述はきわめて刺激的です。そして、「関係モデル」からさらに「物語モデル」の具体的な姿を示している事例の数々は、現代に生きる「家族」を理解するためのヒントに満ち溢れています。

 本書にはもう一つの「みどころ」があります。ある日の午前、看護婦のNが「家族がわからなくなった」と信田氏のもとにカウンセリングに訪れます。病床に臥せている姑は献身的に介護している嫁をののしる、その嫁は娘から暴力を振るわれている、その娘は「献身的な嫁」を演じる母親こそが自分を苦しめる根源だと憎悪に燃えている……。
 そこにうずまくパワーゲームを読み解く過程が、本書をつらぬく縦糸になっています。そして最後には「援助者としての私自身」に突き当たります。家族論とは自分自身を探る旅であり、援助論は援助者論である。それはなぜなのか――
 読者は看護婦Nとともにアディクションアプローチを探っていくうちに、その秘密が見えてくるでしょう。

[参考資料]http://www.igaku-shoin.co.jp
医学界新聞6月28日号・鼎談「アディクションアプローチ――看護援助と看護婦の役割」
●上野千鶴子(東京大学大学院教授)
●山崎摩耶(日本看護協会常任理事)
●信田さよ子(原宿カウンセリングセンター所長)

[目次]
序章  ある日の午前――看護婦Nが相談室にやってきた
第1章 家族は変わった
1 「パワーゲームの場」としての家族
2 看護に何ができるのか
第2章 アディクションアプローチとは何か
1 アディクションとは何か
2 アディクションアプローチの新しいコンセプト
3 アディクションアプローチの方法
第3章 家族をどうみたらよいか
1 看護婦Nの行動を振り返ってみる
2 援助にまつわる「常識」の再検討
3 新たな援助のキーワード
4 実践への具体的提言
第4章 援助とは何か――アディクションアプローチからみなおす
1 医療という場の特殊性
2 なぜあなたは援助をしたがるのか
第5章 自己理解のためのキーワード
1 アダルトチルドレン
2 共依存
終章 ある日の午後――援助者が「私」に戻るとき

[編集担当]医学書院看護出版部:白石正明 TEL 03-3817-5785
FAX 03-5804-0485  e-mail:m-shiraishi@igaku-shoin.co.jp
[購入問合せ]医学書院販売部:TEL 03-3817-5657

信田さよ子(のぶた・さよこ)
臨床心理士
原宿カウンセリングセンター所長
●著書
『アダルト・チルドレン完全理解』(三五館)
『コントロールドラマ』(三五館)
『一卵性母子な関係』(主婦の友社)
『愛情という名の支配』(海竜社)
『アディクションアプローチ』(医学書院)1999.216p.
共訳書
ブラック,C『私は親のようにはならない』(誠信書房)
ミラー,S『飲酒問題とその解決』(金剛出版)
分担執筆
『アルコール依存症の最新治療』(金剛出版)
『アルコール・薬物依存のQ&A』(中央法規出版)


UP:1999 REV:
信田 さよ子  ◇家族  ◇身体×世界:関連書籍  ◇BOOK
TOP HOME(http://www.arsvi.com)