HOME > BOOK >

『マニュアル 障害児のインクルージョンへ――地域の学校でいっしょに学ぶ』

石川 愛子・宮永 潔(障害者の教育権を実現する会)編 19990515 社会評論社,255p.

last update:20110303

このHP経由で購入すると寄付されます

■石川 愛子・宮永 潔(障害者の教育権を実現する会)編 19990515 『マニュアル 障害児のインクルージョンへ――地域の学校でいっしょに学ぶ』,社会評論社,255p. ISBN-10: 4784507574 ISBN-13: 978-4784507573 2000+税 [amazon][kinokuniya] ※ e19

■内容

◇内容(「BOOK」データベースより)
著者たちは、どんな種類、どんな程度の障害をもっていても、学齢にある児童・生徒は、学区校に就学する権利をもつ、ということを出発点にしています。しかし、日本の文部省・教育委員会は、基本的には障害児=分離主義の制度と政策に固執している関係上、右の権利は、これと真っ向から対立して、運動としてたたかいとられなければならなかったのです。そうした経験のなかで、いまの学校や教師の一部が、障害をもつ子どもをどんなふうに見ているか、親と教師が協力すれば、現行制度を前提としても、どんな成果があげられうるか、などなど、つぶさに体験してきました。本書は、そうした運動の経験・教育実践・子どもや親の学校とのかかわりのなかから、どんな問題が明らかになり、どんな成果が蓄積されてきたかを、さまざまな視角からレポートしていただいたもの、教師や親の討論で明確化されたところなどを、問題別に整理して収録し、これらの問題を考えるうえでのマニュアルになっています。
◇内容(「MARC」データベースより)
「分離こそ差別である」と考える著者たちが、教育実践・学校とのかかわりのなかから明らかになった問題や蓄積された成果をさまざまな視角からレポートする。95年刊「マニュアル障害児の学校選択」の姉妹編。〈ソフトカバー〉

■目次

第1部 学習についての考え方を変えよう(見よう見まねで学ぶ
学習にもいろいろある
授業を楽しむ小さな探偵たち ほか)
第2部 集団のなかの子ども子どもにとっての集団(一年生 この笑顔が見たかった―翔子の一学期
一年生 普通学級でこそ育ち合う
二年生 自分の思いをことばにできる子に ほか)
第3部 学区校就学の進め方(学区校に就学するまで―親の疑問に答える
就学運動をどう進めたか―茨城県茎崎町での運動経験の検証)

■引用


■書評・紹介


■言及



*作成:村上 潔
UP: 20110303 REV:
障害者と教育  ◇身体×世界:関連書籍  ◇BOOK
TOP HOME (http://www.arsvi.com)