HOME > BOOK >

『静塔・文之進・百物語――俳句と精神医学』

石川 文之進 19990420 近代文芸社,373p.

last update: 20110331

このHP経由で購入すると寄付されます

■石川 文之進 19990420 『静塔・文之進・百物語――俳句と精神医学』,近代文芸社,373p. ISBN-10: 4773364181 ISBN-13: 978-4773364187 \1575 [amazon][kinokuniya] ※ m

■内容

(「BOOK」データベースより)
大俳人の後姿。四十年間静塔に従った著者が見聞した希有な大人物の人生の極意。
(「MARC」データベースより)
俳人であり、精神科医でもあった平畑静塔。彼に40年間従った著者が、稀有な大人物の人生の極意と自分自身についてを綴る。

■目次

1 一縷にて(思い出の名句)
2 赤き薔薇落つ(戦争・戦後)
3 老俥夫や(人の世・故郷・友)
4 下り簗(下野国)
5 白壁に(精神科・宇都宮病院)
6 緋牡丹の(玄牝・エロス)

■引用


■書評・紹介


■言及


http://blog.goo.ne.jp/sinanodaimon/e/d0ec2ce7c15e283e89967bf5740d2dd8


*作成:山口 真紀
UP:20110331 REV:
精神障害/精神医療   ◇身体×世界:関連書籍  ◇BOOK
TOP HOME (http://www.arsvi.com)