HOME > BOOK >

『講座社会学〈6〉労働』

稲上 毅・川喜多 喬 編著 19990215 東京大学出版会,278p.


このHP経由で[amazon][boople][bk1]で購入してい ただけると感謝。

■稲上 毅・川喜多 喬 編著 19990215 『講座社会学〈6〉労働』,東京大学出版会,278p. ISBN-10: 413055106X ISBN-13: 978-4130551069 3150  [amazon]

■内容(「BOOK」データベースより)
日本社会のアクチュアルな分析、人間的な価値、総合的な視野、21世紀のグローバル・スタンダードへ、プラザ合意後の変わりゆく姿。

内容(「MARC」データベースより)
日本の企業コミュニティ、雇用システム、長期雇用や能力開発とキャリア形成、企業別組合と団体交渉と賃金、熟練技能の形成、就業形態の多様化の背景、労働 者の転職などによる移動などについて考察する。

■目次
刊行のことば
1 総論 日本の産業社会と労働
2 日本型雇用システムと企業コミュニティ――国際比較とその行方
3 日本の労働組合と労使関係
4 熟練形成と国際化――労働の質と技術移転
5 多様化する就業形態――日本と欧米諸国のパートタイム労働を中心として
6 裁量労働と組織内プロフェッショナル
7 労働者の転職・失業・定年・引退
8 外国人労働者――労働市場モデルと定着化

■文献
◆1 総論 日本の産業社会と労働

Albert, M., 1991 Capitalisme contre capitalisme, Paris: Editions du Seuil.=1992 池 はるひ 訳『資本主義対資本主義』,竹内書店新社
Berger, S. and Dore, R. eds., 1996 National Diversity and Global Capitalism Ithaca: Cornell University Press.
Charkham, J. 1994 KeepingGood Company: A Study of Corporate Governance in Five Countries, Oxford: Oxford University Press.
中小企業庁 編 1996 『平成 8 年版中小企業白書』,大蔵省印刷局
Clark, R. 1978 The Japanese Company London: Yale University Press.=1981 端 信行訳『ザ・ジャパニーズ・カンパニー』,ダイヤモンド社
Crouch, C. et Streeck, W. eds. 1996 Les capitalismes en Europe, Paris : La D?couverte.
Dore, R. 1973 (1990) British Factory-Japanese Factory: The Origin of National Diversity in Industrial Relations, University of California Press.=1987 山之内 靖・永易 浩一 訳『イギリスのエ場・日本のエ場』,筑摩書房
Dore, R. 1987 Taking Japan Seriously: A Confucian Perspective on Leading Economic Issues, London: The Athlone Press.
Dore, R. 1992 Japanese Capitalism, Anglo-Saxon Capitalism: How Will the Darwinian Contest Turn Out? , London : Centre for Economic Perforrnance, LSE.
Dore, R. 1994 'Incomes Policy: Why Now?' in Dore, R., Boyer, R. and Mars, Z. eds. The Return to Incomes Policy, London: Pinter, pp.1-30.
Dore, R. 1996 'Financial Structures, Motivation and Efficiency' unpublished paper.
間 宏 1964 『日本労務管理史研究』,ダイヤモンド社(復刻版 1978 御茶の水書房)
間 宏 1974 『イギリスの社会と労使関係』,日本労働協会
間 宏 1996 『経済大国を作り上げた思想』,文員堂
稲上 毅 1981 『労使関係の社会学』,東京大学出版会
稲上 毅 1989 『転換期の労働世界』,有信堂
Inagami, T. (稲上 毅) 1991 'Tendances rbcentes du syst?me japonais de relation industrielles: n?o-corporatisme et nouvelle 《identit? syndicale》,' Sociologie du travail  tom. 33 no 1 (janvier 1991), pp. 27-49
稲上 毅 1993 「個人主義化と新『コーポレート・コミュニティ』」『21世紀HRMビジョン研究会報告書』pp.141-165
稲上 毅 1995 「成熟社会とユニオン・アイデンティティ」稲上 毅 編『成熟社会のなかの企業別組合』 日本労働研究機構 pp.1-28
稲上 毅 1996a 「日本型雇用慣行と創造的労働」三和総合研究所『労働の知的集約化研究会報告書』pp.146-178
Inagami, T. (稲上 毅) 1996b 'The Death of the Labour Movement and the Japanization of Industrial Relations,' Indu.strielle Beziehungen, Jg. 3, Heft. 2 (Juli 1996), pp.173-186
稲上 毅 1997a 『現代英国経営事情』,日本労働研究機構
稲上 毅 1997b 「サービス産業の経営革新と従業員福祉」『サービス産業の経営革新と従業員福祉』調査研究報告書 No.92,日本労働研究機構,pp.1-41
Inagami, T. (稲上 毅) 1998a Diversity and Similarity of Labour Market Policies in Asian Countries, Geneva : ILO
稲上 毅 1998b 「創造的労働と日本の雇用慣行」『日本労働研究雑誌』No.458 (1998年8月号) pp.2-11
稲上 毅・佐藤 博樹 1986 「仕事,個人そして『労働の人間化』」法政大学大原社会問題研究所編『労働の人間化』総合労働研究所,pp.223-258
稲上 毅・H.ウィッ夕カー・逢見 直人・篠田 徹・下平 好博・辻中 豊 1994 『ネオ・コーポラティズムの国際比較』,日本労働研究機構
稲上毅・八幡成美編 1999 『中小企業の競争力基盤と人的資源』,文員堂
鎌田 彰仁 1995 「中小企業の新しい波と起業家の復権」中村 秀一郎・金谷 貞夫 編『エレメンタル中小企業』,英創社 pp.187-203
Katz, H. 1993 'Decentralization of Collective Bargaining: A Literature Review and Comparative Analysis,' Industrial and Labor Relations Review, Vol. 47 No. 1 (October 1993) pp.3-22
川喜多 喬 ほか 1994 『べテラン技能者の定着条件に関する調査』,東京都立労働研究所
川喜多 喬 ほか 1995 『不況下の中小企業管理職』,東京都立労働研究所
川喜多 喬 ほか 1996 『東京の中高年離職者たち』,東京都立労働研究所
経済同友会 1994 『第11回企業白書』,経済同友会
経済同友会 1996 『第12回企業白書』,経済同友会
経済同友会 1998 『第13回企業白書』,経済同友会
経済企画庁 編 1994 『平成6年版経済白書』,大蔵省印刷局
小池 和男 1981 『日本の熟練』,有斐閣
小池 和男 1983 「序説――ホワイトカラー化組合モデル」日本労働協会編『80年代の労使関係』,日本労働協会 pp.225-246
小池 和男 1991 『仕事の経済学』,東洋経済新報社
Kume, I.(久米郁男) 1998 Disparaged Success: Labor Politics in Postwar Japan  Ithaca and London: Cornell University Press.
松島 静雄 1962 『労務管理の日本的特質と変遷』,ダイヤモンド社
Nakamura, K. and Nitta, M. (中村 圭介・仁田 道夫) 1995 'Developments in Industrial Relations and Human Resource Practices in Japan,' in Locke, R. et al. eds.  Employment Relations in a Changing World Economy, Cambridge, Mass.: The MIT Press, pp. 325-358.
日経連 1995 『新時代の「日本的経営」』,日経連
日本コーポレート・ガヴァナンス・フォーラム 1998 『コーポレート・ガヴァナンス原則――新しい日本型企業統治を考える(最終報告)』,日本コーポ レート・ガヴアナンス・フオーラム
仁田 道夫 1988 『日本の労働者参加』,東京大学出版会
OECD, 1984 Employment Outlook 1984, Paris: OECD
OECD, 1993 Employment Outlook 1993, Paris: OECD
OECD, 1994 Employment Outlook 1994, Paris: OECD
OECD, 1995a OECD Economic Surveys: Germany 1995, Paris: OECD
OECD, 1995b OECD Economic Survey: Italy 1995, Paris: OECD
OECD, 1997 Employment Outlook 1997, Paris: OECD.
逢見 直人 1994 「現代日本のマクロ・コーポラティズム」稲上ほか(1994 ) pp.278-339
小野 旭 1989 『日本的雇用慣行と労働市場』,東洋経済新報社
Prowse, S. 1992 'Corporate Governance in an International Perspective: A Survey of Corporate Control Mechanisms among Large Firms in the United States, the United Kingdom  Japan and Germany ' BIS Economic Papers  No. 41 (July 1994).
労働大臣官房政策調査部 編 1987 『日本的雇用慣行の変化と展望』,調査編・研究報告編 大蔵省印刷局
労働大臣官房政策調査部 編 1995 『日本的雇用制度の現状と展望』,大蔵省印刷局
Sako, M. (酒向 真理) 1997 'Shunto: Employer and Union Coordination for Pay Determination at the Industry and Inter-Sectoral Levels,' in Sako. M. and Sato, H. eds.  Japanese Labour and Management in Transition: Diversity Flexibility and Participation, London: Routledge, pp. 236-264.
佐藤 厚・青木 章之介・権野 潤 編 1997 『中小企業』日本労働研究機構編リーディング「日本の労働」第10巻,日本労働研究機構
佐藤 博樹 1994 「未組織企業における労使関係」『日本労働研究雑誌』No.416 (October 1994) ,pp.24-35
佐藤 博樹 ほか 1992 『自営業者のキャリアと就労』,東京都立労働研究所
下平 好博 1994 「コーポラティズムと経済パフォーマンス」稲上ほか(1994 ) pp.376-421
篠田 徹 1989 『世紀末の労働運動』,岩波書店
篠田 徹 1992 「連合時代における政策参加の現状と展望」法政大学大原社会問題研究所編『《連合時代》の労働運動――再編の道程と新展開』,総合労働研究 所 pp.265-290
Shinoda, T. (篠田 徹) 1997 'Rengo and Policy Participation: Japan-style Neo corporatism ? , ' in Sako, M. and Sato, H. eds. Japanese Labour and Management in Transition, London : Routledge, pp.187-214
Shleifer, A. and Vishny, Robert, W. 1996 A Survey of Corporate Governance, NBER Working Paper Series, No.5554 (April 1996)
Streeck, W. 1989 'The Territorial Organization of Interests and the Logics of Associative Action: the Case of Handwerk Organization in West Germany, in Coleman William D. and Jacek, Henry, J. eds., Regionalism, Bussiness Interests and Public Policy, London: Sage, pp.59-94; in Streeck, W., Social Institutions and Economic Performance  London : Sage Publications, 1992 pp.105-136
Streeck, W. 1996 ' Lean Production in the German Automobile Industry : A Test Case for Convergence Theory, ' in Berger and Dore eds., pp.138-170
菅野 和夫 1997 『雇用社会の法』補訂版,有斐閣
菅野 和夫 1998 「職業生活と法」『岩波講座現代の法第12巻 職業生活と法』pp.3-39
Traxler, F. 1995 'Farwell to Labour Market Association?,: Organized versus Disorganized Decentralization as a Map for Industrial Relations,' in Crouch, C. and Traxler, F. eds., Organized Industrial Relations in Europe : What future ?   Aldershot : Avebury  pp.3-19
辻中 豊 1986 「現代日本政治のコーポラティズム化」内田 満 編『政治過程』三嶺書房 pp.223-260
辻中 豊 1987 「労働界の再編と86年体制の意味」『レヴァイアサン』木鐸社 創刊号 pp.47-72
Vitols, S. 1995 Corporate Govemanceand Economic Governance : Banks and Industrial Restructuring in the United States and Germany, Berlin : Wissenschaftszentrum Berlin fur Sozialforschung, FRI, 95-310
Whittaker, D. H. 1990 Managing Innovation: A Study of British and Japanese Factories  Cambridge: Cambridge University Press
Whittaker, D. H. 1997 Small Firms in the Japanese Economy, Cambridge: Cambridge University Press.
山口 浩一郎 1996 『労働組合法』第2版,有斐閣

◆2 日本型雇用システムと企業コミュニティ

中小企業庁 編 1996 『中小企業白書(平成7年版)』,大蔵省印刷局
中馬 宏之 1996 「内部労働市場」貝塚啓明他監修『日本経済事典』,日本経済新聞社
Dore, R. 1973 British Factory-Japanese Factory: The Origins of National Diversity in Industrial Relations, University of California Press=1993 山之内 靖・永易 浩一 訳『イギリスの工場・日本のエ場――労使関係の比較社会学』上・下 ちくま学芸文庫
Dore, R. 1996 The End of Jobs for Life? Corporate Employment Systems : Japan and Elsewhere, Centre for Economic Performance, Occasional Papers No. 11, March
Dubin, R. 1956 "Industrial Workers Worlds," Social Problems, vol. 3
Farber, H. 1995 Are Life Time Jobs Disappearing? Job Duration in the United States : 1973-1993, NBER Working Paper, No.5014
Forbes, J. B. and J. E. Piercy, 1991 Corporarte Mobility and Paths to the Top : Studies for Human Resource and Management Development Specialists, Quorum Books
Francis, D., David Neumark and Daniel Polsky, 1994 Job Stability in the United States  NBER Working Paper, No. 4859
玄田 有史 1995 「日本」賃金構造研究会編『賃金構造の国際比較に関する研究』労働問題リサーチセンター
花田 光世 1987 「人事制度における競争の実態:昇進・昇格のシステムからみた日本企業の人事戦略」『組織科学』Vol . 21, No. 2
間 宏 1996 『経済大国を作り上げた思想:高度経済成長期の労働エートス』,文員堂
今田 幸子・平田 周一 1995 『ホワイトカラーの昇進構造』,日本労働研究機構
今野 浩一郎 1995 「新しい人事管理の潮流:「能力開発主義」の再編」『日本労働研究雑誌』95年9月号, No.426
稲上 毅 1992 「現代日本の雇用慣行:いくつかの変動局面とその示唆」『これからの働き方: Part I』(資料シリーズ No.21)日本労働研究機構
稲上 毅 他 1995a 『日本型雇用システム研究会報告』,労働省政策調査部
稲上 毅 他 1995b 『中堅企業がおかれた環境の変化と雇用制度のあり方に関する調査研究報告書』,労働問題リサーチセン夕一
金子 和夫・佐藤 博樹・内田 賢 1996 『雇用確保に関する労使の対応』,東京都立労働研究所
北山 一郎 1979 「賃金構造統計からみた年功賃金と終身雇用」『労働統計調査月報』第31巻9号,9 月号
小池 和男 編 199la 『大卒ホワイトカラーの人材開発』,東洋経済新報社
小池 和男 1991b 『仕事の経済学』,東洋経済新報社
小池 和男 1994 『日本の雇用システム――その普遍性と強み』,東洋経済新報社
雇用情報センター 編 1993 『うつりゆく雇用と賃金』,雇用情報セン夕一
三山 雅子 1991 「パートタイマー戦力化と企業内教育」『日本労働研究雑誌』No.377,4月号
三隅 二不二 編著 1994 『リーダシップの行動科学――「働く日本人」の変貌』,朝倉書店
内閣総理大臣官房広報室 1974 『勤労意識に関する世論調査』(74年9月調査)
内閣総理大臣官房広報室 1982 『勤労意識に関する世論調査』(82年10月調査)
内閣総理大臣官房広報室 1992 『勤労意識に関する世論調査』(92年7月調査)
内閣総理大臣官房広報室 1996 『今後の新しい働き方に関する世論調査』(95年10月調査)
永野 仁 1989 『企業グループ内人材移動の研究:出向を中心とした実証分析』,多賀出版
永野 仁 1996 『日本企業の賃金と雇用――年俸制と企業間人材配置』,中央経済社
The New York Times ed., 1996 The Downsizing of America, Random House.=1996 矢作 弘訳 『ダウンサイジングオプアメリカ』,日本経済新聞社
NHK放送文化研究所編 1998 『現代日本人の意識構造[第4版]』,日本放送出版協会
OECD, 1977 The Development of Industrial Relations Systems: Some Implications of Japanese Experiences, OECD.
OECD, 1984 Employment Outlook 1984, OECD.
OECD, 1993 Employment Outlook 1993, OECD.
小野 旭 1989 『日本的雇用慣行と労働市場』,東洋経済新報社
Pucik, V. 1985 "Promotion Patterns in a Japanese Trading Company," Columbia Journal of World Business, Vol. 20, No. 3.
労働省 編 1979 『雇用変動総合調査』
労働省 編 1994 『労働白書(平成 6 年版)』,日本労働研究機構
労働省 編 1998 『労働白書(平成 10 年版)』,日本労働研究機構
労働省婦人局 編 1995 『働く女性の実情〔平成 7 年版〕』21世紀職業財団
労働省政策調査部 編 1988 『雇用管理調査』,労働法令協会
労働省政策調査部 編 1990 『雇用管理調査』,労働法令協会
労働省政策調査部 編 1993 『雇用管理の実態』,労務行政研究所
労働省政策調査部 編 1995a 『雇用管理の実態』,労務行政研究所
労働省政策調査部 編 1995b 『日本的雇用制度の現状と展望』,大蔵省印刷局
労働省政策調査部 編 1995c 『産業労働事情調査(平成 7 年版)――事業の再構築と労働面への影響に関する調査』,大蔵省印刷局
労働省政策調査部 編 1995d 『平成 6 年賃金労働時間制度等総合調査報告』
労働省政策調査部 編 1996a 『平成 7 年パートタイム労働者総合調査結果』
労働省政策調査部 編 1996b 『数字でみる雇用の動き(平成 6 年版)――雇用動向調査報告』,大蔵省印刷局
労働省政策調査部 編 1996c 『平成 7 年賃金労働時間制度等総合実態調査結果(速報)』
労働省政策調査部 編 1996d 『就業形態の多様化に関する総合実態調査報告』,大蔵省印刷局
労働省政策調査部 編 1996e 『雇用管理の実態』,労務行政研究所
労働省政策調査部 編 1996f 『日本の労働組合の現状U(平成 8 年版)労働組合活動実態調査報告』,大蔵省印刷局
Rosenbaum, J. 1979 'Tournament Mobility: Career Patterns in a Corporation,' Administrative Science Quarterly, 24.
Rosenbaum, J. 1984 Career Mobility in a Corporate Hierachy, Academic Press.
佐藤 博樹 1982 「現代日本の労働者意識」津田真澂編著『現代の労務管理と労使関係』 有斐閣
佐藤 博樹 1987 「労働者の意識・価値観の変化」労働大臣官房政策調査部編『日本的雇用慣行の変化と展望(研究・報告編)』大蔵省印刷局
佐藤 博樹 1995 「昇進・昇格の機会とルールの現状と行方――いわゆる年功昇進はどう変わるか」稲上 毅 他 1995b  『日本型雇用システム研究会報告』(非売品)
佐藤 博樹 他 1995 『ホワイトカラーの中途採用の実態に関する調査・ホワイトカラーの転職の条件整備に関する調査:報告書』
佐藤 博樹・永野 仁・大木 英一・小倉 義和 1996 『エージレス雇用システムに係わる諸問題についての総合的な調査・研究事業――報告書(高齢期における職業生活 職業能力形成に関する調 査・研究)』社会経済生産性本部
清家 篤 他 1995 『評価制度に関する調査研究報告書』,三和総合研究所
生産性研究所編 1996 『わが国年俸制に関する調査―96年調査』,社会経済生産性本部
新・日本的経営システム等研究プロジェクト編 1995 『新時代の「日本的経営」:挑戦すべき方向とその具体策』,日本経営者団体連盟
竹内 洋 1995 『日本のメリトクラシー――構造と心性』,東京大学出版会
Takezawa, S. 1995 Japan Work Ways: 1960-1976-1990, The Japan Institute of Labour.
Takezawa, S. and A. Whitehill, 1981 Work Ways: Japan and America, The Japan Institute of Labour.
Turner, R. 1960 "Models of Social Ascent through Education: Sponsored and Contest Mobility," American Sociological Review, Vol. 20, No. 4.
津田 真澂 1977 「終身雇用制度の基本的性格」『季刊現代経済』28号(Autumn)
津田 真澂 1985 「わが国企業における定着雇用層の蓄積度及び賃金水準の長期計測」『社会学研究』(一橋大学研究年報)23 号
若林 満 1986 「大卒新入社員のキャリア形成過程を探る」『月刊リクルート』2・3月号
若林 満 1987 「管理職へのキャリア発達:入社 13 年目のフォローアップ」『組織行動科学』第2巻 第1号
Whitehill, A. and S. Takezawa 1968 The Other Worker: A Comparative Study of Industrial Relations in the United States and Japan, East-West Center Press.
八代 充史 1995 『大企業ホワイトカラーのキャリア:異動と昇進の実証分析』,日本労働研究機構.

◆3 日本の労働組合と労使関係

Albert, M. 1991 Capitalisme contre capitalisme, Paris: Editions du Seuil=1992 池 はるひ訳『資本主義対資本主義』,竹内書店新社
青木 昌彦 1989 「契約論的アプローチと日本企業」今井賢一・小宮隆太郎編『日本の企業』,東京大学出版会
Baethger, M. and Wolf, H. 1995 'Continuity and Change in the "German Model" of Industrial Relations' in Locke, R. et at. eds.
Berle, A. and Means, G. 1932 The Modern Corporation and Private Property, New York: Harcourt Brace and World Inc.=1958 北島 忠男 訳『近代株式会社と私有財産』,文雅堂銀行研究社
Brown, W., Marginson, P. and Walsh, J. 1995 'Management: Pay Determination and Collective Bargaining,' in Edwards, P. ed.
Brulin, G. and Nilsson, T. 1991 'From Societal to Managerial Corporatism,' Economic and Industrial Democracy, Vol. 12, pp.327-346.
Calmfors, L. and Driffill, D. 1988 'Centralization of Wage Bargaining,' Economic Policy  No. 6, April 1988, pp. 13-61.
Deeks, J. and Perry, N. eds. 1992 Controlling Interests Business, the State and Society in New Zealand, Auckland: Auckland University Press.
Donovan Commission, 1968 Royal Commission on Trade Unions and Employers' Associations Report, London: HMSO.
Dore, R. 1973 British Factory and Japanese Factory, University of California Press.= 1987 山之内 靖・永易 浩一 訳『イギリスのエ場・日本の工場』,筑摩書房
Dore, R. 1987 Taking Japan Seriously, Stanford : Stanford University Press.
Dore, R. 1996a 'Financial Structures, Motivation and Efficiency,' unpublished paper.
Dore, R. 1996b 'Unions between Class and Enterprise,' Industrielle Beziehungen, Jg. 3, Heft 2, pp.154-172.
Dunlop, J. 1958 Industrial Relations Systems, Carbondale, Ill. : Southern Illinois University Press.
Edwards, P. ed., 1995 Industrial Relations : Theory and Practice in Britain, Oxford : Blackwell.
Fox, A. 1974 Beyond Contract Power and Trust Relations, London: Faber and Faber.
Fujimura, H. (藤村博之) 1997 'New Unionism : Beyond Enterprise Unionism ?,' in Sako, M. and Sato, H. eds., Japanese Labour and Management in Transition, London: Routledge, pp. 296-314.
藤林 敬三 1963 『労使関係と労使協議制』,ダイヤモンド社
Galenson, W. with Okada, K., 1976 'The Japanese Labour Market,' in Partrick, H. and Rosovsky, H. eds., Asia's New Giant, Washington, D.C. Brookings.
現代総合研究集団 1991 『労働組合活性化と組織拡大』,現代総合研究集団
Glyn, A. 1992 'The "Productivity Miracle," Profits and Investment,' in Michie, J. ed.  The Economic Legacy 1979-1992, London: Academic Press.
Goldthorpe, J. H., Lockwood, D., Bechhofer, F. and Platt, J. 1968 The Affluent Worker Industrial Attitudes and Behaviour, Cambridge : Cambridge University Press
間 宏 1960 「経営家族主義の論理とその形成過程」『社会学評論』第11巻第1号,pp.2-18.稲上 毅・川喜多 喬 編『産業・労働』リーディングス日本の社会学第 9 巻(東京大学出版会  1987 )所収
間 宏 1974 『イギリスの社会と労使関係』,日本労働協会
間 宏 1981 『日本の使用者団体と労使関係』,日本労働協会
久本 憲夫 1994 「企業別組合」『日本労働研究雑誌』第36巻第1号(1994年1月号),pp. 14-15
Hobsbawn, E. et al. 1981 The Forward March of Labour Halted?, London : Verso in Association with Marxism Today and New Left Books
Hyman, R. 1995 'The Historical Evolution of British Industrial Relations,' in Edwards, P. ed.
兵藤 サ 1982 「職場の労働組合と労使関係」清水 慎三 編著(1982)所収
稲上 毅 1981 『労使関係の社会学』,東京大学出版会
稲上 毅 1990 『現代英国労働事情――サッチャーイズム・雇用・労使関係』,東京大学出版会
稲上 毅 編 1995 『成熟社会のなかの企業別組合』,日本労働研究機構
稲上 毅 1997 『現代英国経営事情』,日本労働研究機構
稲上 毅・井出 久章 1995 「企業別組合の諸類型」稲上 毅 編(1995)所収
稲上 毅・ H.ウィッタカー・逢見 直人・篠田 徹・下平 好博・辻中 豊 1994 『ネオ・コーポラティズムの国際比較』,日本労働研究機構
稲上 毅・川喜多 喬 編 1988 『ユニオン・アイデンティティ』,日本労働協会
Ingham, G. 1984 Capitalism Divided? : The City and Industiy in British Social Development, Basingstoke: Macmillan.
伊丹 敬之  1987 『人本主義企業』,筑摩書房
Jacobi, O., Keller, B. and Muller-Jentsch, W. 1992 'Germany: Coderminating the Future?' in Femer, A. and Hyman, R. eds., Industrial Relations in the New Europe, Oxford: Blackwell.
亀山 直幸 1995 「年俸制の導入と日本型雇用慣行」『日本労働研究雑誌』第37巻第6号(1995年6月号),pp.61-67
川喜多 喬・佐藤 博樹 編 1991 『ユニオン・アイデンティティ大作戦』,総合労働研究所
河西 宏祐 1989 『企業別組合の理論』,日本評論社
Kawanishi, H. (河西宏祐) 1992 Enterprise Unionism in Japan, London Kegan Paul International.
小池 和男 1977 『職場の労働組合と参加』,東洋経済新報社
神代 和欣 1995 『労働組合』,日本労働研究機構
神代 和欣・連合総研 編 1995 『戦後50年産業・雇用 労働史』,日本労働研究機構
熊沢 誠 1982 「職場社会の戦後史」清水慎三編著(1982)所収
Large, S. 1972 The Yuaikai : the Rise of Labour in Japan, Tokyo: Sophia University Press.
LO, 1991a Wage Policy for the Future : Summary of a Report to the 1991 LO Congress  Stockholm: LO.
LO 1991b Work and Fulfillment : Summary of a Report to the 1991 LO Congress  Stockholm: LO.
Locke, R., Kochan, T. and Piore, M. eds. 1995 Employment Relations in a Changing World Economy, Cambridge, MA. : MIT Press.
松島 静雄 1962 『労務管理の日本的特質と変遷』,ダイヤモンド社
Millward, N., Stevens, M., Smart, D. and Hawes, W. 1992 Workplace Industrial Relations in Transition, Aldershot : Dartmouth.
日本労働研究機構 1994 『民間主要産業における賃金決定機構と労使関係の実証的研究』,日本労働研究機構
日経連 1995 『新時代の「日本的経営」』,日経連
日経連労働問題研究委員会 1997 『雇用安定と国民生活の質的改善めざす構造改革 「第三の道」の模索』,日経連
西山 忠範 1975 『現代企業の支配構造』,有斐閣
仁田 道夫 1988 『日本の労働者参加』,東京大学出版会
Nolan, P. and O'Donnell, K. 1995 'Industrial Relations and Productivity' in Edwards, P. ed.
岡本 秀昭 1966 『工業化と現場監督者』,日本労働協会
岡本 秀昭 1967 (1990) 「労務管理と労使関係」『日本労働協会雑誌』第100号,pp.16-31.岡本 秀昭 『経営と労働者』日本労働研究機構(1990)所収
Okazaki, T. (岡崎哲二) 1992 'The Japanese Firm under the Wartime Planned Economy,' in Aoki, M. and Dore, R. eds., The Japanese Firm, Oxford Oxford University Press.
大河内 一男・氏原 正治郎・藤田 若雄 編 1959 『労働組合の構造と機能』,東京大学出版会
奥村 宏 1984 『法人資本主義』,御茶の水書房
逢見 直人 1994 「現代日本のマクロ・コーポラティズム」稲上毅ほか(1994)所収
Pempel, T. and Tsunekawa, K. 1979 'Corporatism without Labour? : the Japanese Anomaly' in Schmitter, P. and Lehmbruch, G. eds., Trends Towards Corporatist Intermediation, London: Sage.
Pontusson, J. 1992 The Limits of Social Democracy : Investment Politics in Sweden  Ithaca : Cornell University Press.
連合総研 1995 『新しい働き方の創造をめざして』,連合総研
労働省 毎年 「労働組合基礎調査」
SAF, 1990 Free Markets and Free Choice : SAF's Visions for the Nineties, Stockholm: SAF.
Sako, M. 1997 'Shunto' in Sako, M. and Sato, H. eds., Japanese Labour and Management in Transition, London: Routledge, pp. 236-264.
佐藤 博樹・梅津 隆 1983 「労働組合の『発言』と組合類型」日本労働協会編『80年代の労使関係』日本労働協会 所収
佐藤 博樹・藤村 博之 編 1991 『エクセレント・ユニオン』,第一書林
Scott, J. and Gruff, C. 1984 The British Corporate Network, 1904-76, Cambridge : Polity Press.
清水 慎三 編著 1982 『戦後労働組合運動論』,日本評論社
篠田 徹 1989 『世紀末の労働運動』,岩波書店
白井 泰四郎 1968 『企業別組合』,中央公論社
白井 泰四郎 1969 『労使関係論』,日本労働研究機構
Sisson, K. 1987 The Management of Collective Bargaining, Oxford: Black- well.
Soskice, D. 1990 'Wage Determination : the Changing Role of Institutions in Advanced Industrialized Countries,' Oxford Review of Economic Policy, Vol. 6 No. 4, pp. 36-61.
菅野 和夫 1996 『雇用社会の法』,有斐閣
隅谷 三喜男 1986 「企業別組合の社会経済規定」『年報 日本の労使関係』日本労働協会 所収
諏訪 康雄 1995 「雇用政策の構造と機能」『日本労働研究雑誌』第37巻第6号(1995年6 月号), pp.4-15
高梨 昌 1967 『日本鉄鋼業の労使関係』,東京大学出版会
宝樹 文彦 1967 「労働戦線の統一と社会党政権樹立のために」『月刊労働問題』1967年2 月号
東京大学社会科学研究所 編 1950 『戦後労働組合の実態』,日本評論社
東京都立労働研究所 1983 『中小企業分野における産業別労働組合』,東京都立労働研究所
東京都立労働研究所 1990 『中小企業における従業員組織の役割』,東京都立労働研究所
戸塚 秀夫・兵藤 サ・菊池 光造・石田 光男 1987-88 『現代ィギリスの労使関係』上・下巻 東京大学出版会
戸塚 秀夫・兵藤 サ 編著 1991 『労使関係の転換と選択――日本の自動車産業』,日本評論社
辻中 豊 1987 「労働界の再編と86年体制の意味」『レヴァイアサン』創刊号 pp.47-72
Webb, S. and Webb, B. 1894 The Histwy of Trade Unionism, London Longman, Grenn and Co. =高野 岩三郎 監訳『産業民主制』,同人社,1927;法政大学出版局,1969
Weinstein, N. and Kochan, T. 1995 'The Limits of Diffusion: Recent Developments in Industrial Relations and Human Resource Practices in the United States', in Locke, R. et al. eds.
Whittaker, D. H. 1990 Managing Innovations : A Study of British and Japanese Factories, Cambridge : Cambridge University Press.
Whittaker, D. H. 1997 Small Firms in the Japanese Economy, Cambridge Cambridge University Press.
ウィッタカー,H ・稲上 毅 1994 「新しい政治経済モデルの探索――『収斂の終焉』の終わりか」稲上 毅 ほか(1994)所収
Windoif, P. 1989 'Productivity Coalitions and the Future of European Corporatism,' Industrial Relations, Vol. 28 No. 1, pp.1-20.
山本 潔 1981 『自動車産業の労資関係』,東京大学出版会
Zysman, J. 1983 Governments, Markets and Growth: Financial Systems and the Politics of Industrial Change, Ithaca : Cornell University Press.

◆4 熟練形成と国際化

Abernathy, William J., Kim, B. Clark and Alan M. Kantrow 1983 Industrial Renaissance, Basic Books, Inc.=望月嘉幸訳 1984 『インダストリアル・ルネサンス』, TBS ブリタニカ
青木 昌彦 1989 『日本企業の組織と情報』,東洋経済新報社
浅沼 菖里 1997 『日本の企業組織――革新的適応のメカニズム』,東洋経済新報社
アセアン研究グループ 1983 「東南アジアにおける日系進出企業の労務管理――タイ」『賃金実務』1982年12月1日号(No.474 )-1983年1月1.15日合併号(No.476)
アセアン研究会 1984 「インドネシアにおける日系企業の労務管理と労使関係」
中小企業金融公庫調査部 1989 「躍進するアセアンの産業と金融――日本・アセアン 水平分業時代の幕開け」,東洋経済新報社
Dertouzos, Michael L. et al., Made In America, The MIT Press, 1989.=1990 依田 直也訳,『MADE IN AMERICA』,草思社
Dore, Ronald 1995 「平等性と効率性のトレードオフ――日本の意識と選択」青木 昌彦 ロナルド・ドーア『システムとしての日本企業』,NTT 出版
ユ・ギリブウフ 1972 「労働技能と労働能力の形成の基礎」内海 義夫 編訳『ソビエトの労働科学』,労働科学研究所
Hamel, Gary and C. K. Prahalad, Competing for the Future, Harvard Business School Press, 1994.=1995 一條 和生訳,『コア・コンピタンス経営』,日本経済新聞社
服部 民夫 1988 『韓国の経営発展』,文員堂
平野 裕之 1990 『ジャスト・イン・夕イム生産の実際』,日本経済新聞社
星野 芳郎 1989 「中国における技術移転の諸問題」『アジア経済』第30巻第10・11号
池貝鉄工 編 1969 『ポケット社史 池貝鉄工』,ダイヤモンド社
今野 浩一郎・八幡 成美 1982 「東南アジアにおける日系進出企業の労務管理――シンガポール」
稲上 毅 1989 『転換期の労働世界』,有信堂高文社
稲上 毅 1990 『現代英国労働事情』,東京大学出版会
猪木 武徳 1985 「経済と暗黙知――知識と技術に関する一考察」『季刊現代経済』第61号 春
磯崎 英範 1986 「 ME 化に対応した能力開発への取組」能開ジャーナル.
泉 輝孝 1989 「日本における技能者養成と訓練政策」尾高煌之助編『アジアの熟練――開発と人材育成』アジア経済研究所
清川 雪彦 1995 『日本の経済発展と技術普及』,東洋経済新報社
小林 英夫 1992 『東南アジアの日系企業』,日本評論社
小林 達也 1981 『技術移転――歴史からの考察・アメリカと日本』,文員堂
古賀 比呂志 1972 「わが国における職業訓練の史的展開過程――その3・昭和期」(職業訓練史研究会編)日本労働協会調査研究資料 No.87
小池 和男・猪木 武徳 編 1987 『人材形成の国際比較――東南アジアと日本』,東洋経済新報社
小池 和男 1977 『職場の労働組合と参加』,東洋経済新報社
小池 和男 1981 『日本の熟練』,有斐閣
小池 和男 編著 1986 『現代の人材形成』ミネルヴァ書房
小池 和男 1991 『仕事の経済学』,東洋経済新報社
熊谷 文枝 1996 『日本的生産システム イン USA』,日本貿易振興会
ジム・マックウィリアムス 1993 「イギリス進出日系企業の地域経済・労使関係に与えた影響――イギリス北東部を中心に」『産業労働』31号
松島 静雄 1962 『労務管理の日本的特質と変遷』,ダイヤモンド社
松本 進 1986 「三菱電機技術専修学校における研修」『産業能率』4月号
宮木 勇 1965 『技能者訓練』,ダイヤモンド社
三好 信浩 1983 『明治のエンジニア教育』,中央公論社
水野 順子・八幡 成美 1992 『韓国機械産業の企業間分業構造と技術移転』,アジア経済研究所
水野 順子 1996 『韓国の自動車産業』,アジア経済研究所
宗 像元介 1996 『職人と現代産業』,技術と人間
森 和夫 1985 「生産技能の習熟過程――技能習熟にともなう能力構造の変化」指導学科報告シリーズ No.4,職業訓練大学校指導学科,1985 年 3 月
森 和夫 1995 『ハイテク時代の技能労働――生産技能の変化と教育訓練』,中央職業能力開発協会
森 清 1983 「戦時下の町工場」内田星美編『技術の社会史5』,有斐閣
森 杲 1996 『アメリカ職人の仕事史――マスプロダクションへの軌跡』,中央公論社
村松 久良光 1996 「量産職場における知的熟練と統合・分離の傾向」『日本労働研究雑誌』6 月号
中村 肇 1995 「製造業における技能伝承に関する研究」三菱総合研究所,所報 No.25
中村 一男 1958 「技能者養成」桐原葆見・狩野広之・豊原恒男・永丘智郎編『産業心理学ハンドプック』,同文舘
中村 圭介 1996 『日本の職場と生産システム』,東京大学出版会
中岡 哲郎 1990 『技術形成の国際比較』,筑摩書房
成瀬 政男 1970 「生産教育論」,職業訓練大学校
成瀬 政男 1973 「技能についての一考察」『経済研究』10 月号
日本労働研究機構 1992 「技術革新の進展に伴う技能変化に関する調査研究――製造業編」調査研究報告書 No.35.
日本労働研究機構 1996 「中小企業集積(製造業)の実態に関する調査」調査研究報告書 No.82.
日本労働研究機構 1996 「不況地域の構造転換」調査研究報告書 No.85.
野村 正實 1993 「熟練と分業――日本企業とテイラー主義」御茶の水書房
野中 郁次郎・竹内弘高 1995 『知識創造企業(The Knowledge Creating Company)』,東洋経済新報社(梅本勝弘訳 Oxford University Press 1995 )
尾高 煌之助 1989 「アジアの『熟練』序説」尾高煌之助編『アジアの熟練――開発と人材育成』,アジア経済研究所
尾高 煌之助 1993a 『職人の世界・工場の世界』,リブロポート
尾高 煌之助 1993b 『企業内教育の時代』,岩波書店
大岩 泰 1985 『マラヤワタ製鉄建設日記』,新潮社
岡部 博 1976 『職場内教育の進め方』,産業能率短期大学出版部
岡本 秀昭 1990 『経営と労働者』,日本労働研究機構
小川 英次 1990 「技術移転の理論モデル形成に向けて」小川英次・牧戸孝郎編『アジアの日系企業と技術移転』,名古屋大学出版会
奥田 健二 1982 『日本型経営を生かす――自立連帯の組織原理』,日本生産性本部
奥田 健二 1985 『人と経営』,マネジメント社
大河内 一男 編 1973 『岩波小辞典 労働運動 第2版』,岩波書店
小野 茂 1966 『多品種少量生産における工数見積の実際』,日刊工業新聞社
太田垣 瑞一郎 1965 「作業能の進展としての習熟」『産業心理学から見た労働と人間』,誠信書房
Porter, Michael E. 1990 The Competitive Advantage of Nations, Macmilan, Inc.=1992土岐・中辻・小野寺・戸成 訳 『国の競争優位』上・下,ダイヤモンド社
司馬 正次 1964 『労働類型と熟練形成過程』,北海道大学教育学部産業教育計画研究施設研究報告書第 4 号
司馬 正次 1973 『労働の国際比較』,東洋経済新報社
隅谷 三喜男 編著 1970 『日本職業訓練発達史』上,日本労働協会.
隅谷 三喜男 編著 1971 『日本職業訓練発達史』下,日本労働協会
隅谷 三喜男・古賀 比呂志 1978 『日本職業訓練発達史(戦後編)』,日本労働協会
鈴木 直次 1991 『アメリカ社会の中の日系企業』,東洋経済新報社
高木 健太郎 1977 『ドイツの職人』,中央公論社
高宮 誠 1981 「ヨーロッパにおける日本の多国籍企業」高宮晋編『多国籍企業と経営の国際比較』,同文舘
田中 萬年 1984 「戦後職業訓練のカリキュラム基準に関する研究」指導学科報告シリーズ No.2,職業訓練大学校指導学科
田中 萬年 1993 「職業訓練カリキュラムの歴史的研究」指導学科報告シリーズ No.12,  職業訓練大学校指導学科
テーラー,F.W. 1969 上野陽一訳『科学的管理法』,産業能率大学出版部
角山 栄 1971 『産業革命の群像』,清水書院
通商産業省 1957 『産業合理化白書』,日刊工業新聞社
通産省企業行動課 編 1984 『FA がエ場をどう変えるか――生産革新の実態と展望』,日本能率協会
内田 星美 1990 「技術移転」西川俊作・阿部武司編『日本経済史 4 産業化の時代(上)』,岩波書店
宇田川 勝・佐藤 博樹・中村 圭介・野中 いずみ 1996 『日本企業の品質管理』,有斐閣
上野 陽一 1950 「テーラーの生いたちとその業績」『テーラーと科学的管理法――F.W.テーラー 35 周年記念』,日本能率別冊  1950 年 5 月
氏原 正治郎 1966 『日本の労働問題』,東京大学出版会
氏原 正治郎 1968 『日本の労使関係』,東京大学出版会
八幡 成美 1986 「日本的職場小集団活動の展開条件」『雇用と職業』No.57
八幡 成美 1987 「鉄鋼業にみる保全業務の高度化と人材育成」『情報化時代の人材育成』,総合労働研究所
八幡 成美 1989a 「タイにおける現地自動車部品メーカーの人材育成問題」尾高煌之助編『アジアの熟練』,アジア経済研究所
八幡 成美 1989b 「生産管理制度の現地適応と部品調達体制の変化」『海外日本企業の雇用と経営に関する調査研究』,国際産業労働研究センター
八幡 成美 1990 「オーディオ機器産業の国際部品調達体制」北村かよ子編『機械産業の国際化と部品調達』,アジア経済研究所
八幡 成美 1991 「韓国における電子・電機産業の部品調達状況とその問題点」北村 かよ子 編『NIES機械産業の現状と部品調達』,アジア経済研究所
八幡 成美 1992 「タイ国自動車,電機産業の部品調達状況とその問題点」北村 かよ子編『ASEAN機械産業の現状と部品調達』,アジア経済研究所
八幡 成美 1993 「アセアンの日系機械産業にみる技術移転と熟練労働力形成」『技術水準からみたASEAN 5カ国の投資環境に関する実証研究』国際東アジアセンター
八幡 成美・水野 順子 1988 『日系進出企業と現地企業との企業間分業構造と技術移転』,アジア経済研究所
米山 喜久治 1990 『適正技術の開発と移転』,文員堂
吉川 弘之 監修 1994 『メイド・イン・ジャパン』,ダイヤモンド社
日本能率連盟 1983 「サービス・情報化雇用調査研究報告――ファクトリー・オートメーションの進展と従業員の能力開発」

◆5 多様化する就業形態

Atkinson, John 1985 Flexibility, Uncertainty and Manpower, IMS Report, No.89, Brighton: Institute of Manpower Studies.
Fagan, C. and Rubery, J. 1996 "The Salience of the Part-time Devide in the European Union, " European Sociological Review, vol. 12, no. 3.
Garnsey, E. 1987 "Working Hours and Workforce Division," in Tarling, R. ed., Flexibility in Labour Markets, London : Academic Press.
Hakim, C. 1996 Key Issues in Women's Work, London: Athlone.
稲上 毅 1989 『転換期の労働世界』,有信堂高文社
稲上 毅 1990 『現代英国労働事情』,東京大学出版会
清成 忠男 1993 『中小企業ルネッサンス』,有斐閣
三富 紀敬 1995 「欧米の労働市場と規制緩和」『法経研究』44 巻 1 号 静岡大学
水町 勇一郎 1997 『パート夕イム労働の法律政策』,有斐閣
日本労働研究機構 編 1991 『日本経済の柔軟性と雇用』,日本労働研究機構
日本労働研究機構 編 1994 『諸外国のパート夕イム労働の実態と対策』,日本労働研究機構
OECD  1994a  The OECD Job Study  Paris: OECD.=島田 晴雄 監訳 1994 『先進諸国の雇用・失業』,日本労働研究機構
OECD  1994b  Women and Structural Change  New Perspectives  1994 
Paris: OECD.=21世紀職業財団訳 1995 『産業構造変化と女性雇用』21世紀職業財団
OECD  1996  Employment Outlook 1996  Paris : OECD.
大脇 雅子・諏訪 康雄・清家 篤・高梨 昌 1993 「パートタイム労働をめぐる現状と課題」『ジュリスト』No.1021,有斐閣
労働大臣官房政策調査部 編 1990 『ワークシェアリング』,大蔵省印刷局
労働大臣官房政策調査部 編 1996 『就業形態の多様化に関する総合実態調査報告』,大蔵省印刷局
労働大臣官房政策調査部 編 1997 『平成7年パートタイム労働者総合実態調査』,大蔵省印刷局
菅野 和夫 1996 『雇用社会の法』,有斐閣
八代 尚宏 1997 『日本的雇用慣行の経済学』,日本経済新聞社

◆6 裁量労働と組織内プロフェッショナル

Drucker, P. 1993 Post-Capitalist Society.=1993 上田 惇生・佐々木 実智男・田代正美 訳,『ポスト資本主義社会』,ダイヤモンド社
Elliott, P. 1972 The Sociology of Professions, Macmillan.
Etzioni, A. 1964 A Modern Organizations, Prentice-Hall.=1967 渡瀬 浩 訳,『現代組織論』,至誠堂
Etzioni, A. ed., 1969 The Semi-Professions and their Organization, The Free Press.
Frenkel, S., Korczynski, M., Donoghue, L. and Shire, K., 1995 Note and Issues Re-constituting Work : Trends Towards Knowledge Work and Info- normative Control  Work, Employment and Society, Vol. 9, No. 4, December : pp.773-796.
Gouldner, A.W., 1957 Cosmopolitans and Locals, Administrative Science Quarterly, vol. 2.
Hammer, M. and J. Champy, 1993 Reengineering The Corporation.=1993 野中 郁次郎監訳,『リエンジニアリング革命』,日本経済新聞社
今野 浩一郎・八幡 成美・佐藤 博樹・デービス, 1989 『研究開発技術者のキャリアと能力開発』,日本生産性本部
今野 浩一郎ほか 1990a 『英国の技術者・日本の技術者』,日本生産性本部
今野 浩一郎ほか 1990b 『ドイツの技術者・日本の技術者』,日本生産性本部
今野 浩一郎ほか 1990c 『米国の技術者・日本の技術者』,日本生産性本部
今野 浩一郎・佐藤 博樹 1990 『ソフトウエア産業と経営』,東洋経済新報社
今野浩一郎監修 1994 『よみがえれホワイトカラー』,工業調査会
今野 浩一郎・小木曽 道夫・立道 信吾 1996 『デザイナーの働き方とキャリア――女性と専門職』,東京都立労働研究所
稲上 毅 1996 「日本的雇用慣行と創造的労働」労働大臣官房政策調査部編『知的創造型労働と人事管理』,大蔵省印刷局
小池 和男 編 1991 『大卒ホワイトカラーの人材開発』,東洋経済新報社
中村 圭介 1990 「ソフトウエア産業の管理様式」『組織科学』Vol.23,No.4
中野 秀一郎 1981 『プロフエッションの社会学』,木鐸社
日本経営者団体連盟 1995 『新時代の「日本的経営」――新日本的経営システム等研究プロジェクト報告』
太田 肇 1993 『プロフエッショナルと組織』,同文舘
Parsons, T., 1949 The Professions and Social Structure, Essays in Sociological Theory (revised ed., 1954), pp. 34-49.
Reich, R. B., 1991 The Work of Nations, Alfred A . Knopf, Inc.=1991 中谷 巌 訳,『ザ・ワーク・オブ・ネーションズ――21世紀資本主義のイメージ』,ダイヤモンド社
連合総合生活開発研究所 1995 『新しい働き方の創造を目指して』
労働大臣官房政策調査部 編 1995 『日本的雇用制度の現状と展望』,大蔵省印刷局
労働省 1995 『裁量労働制に関する研究会報告について』
佐藤 厚 1992 「営業職の仕事と管理をめぐって」 『日本労働研究雑誌』No.396,12 月
佐藤 厚 1994 『プロフエッショナルの仕事と管理に関する調査研究――R・D技術者・番組制作者・記者』,日本労働研究機構調査研究報告書 No.55
佐藤 厚 1995 「裁量的労働の仕事と管理をめぐって」『研究紀要』,日本労働研究機構 No.10
佐藤 厚 1996 「創造的職場の仕事と組織管理」労働大臣官房政策調査部編『知的創造型労働と人事管理』,大蔵省印刷局
Sato, H., 1995 Corporate Careers of R & D Personnel, in Shapira, P. (ed.), The R & D Worlers-Managing Innovation in Britain, Germany, Japan, and The United States, Quorum Books
佐藤 博樹・藤村 博之・山口 純子・佐藤 厚 1995 『仕事の変化と労働時間の弾力化に関する調査研究』,連合総合生活開発研究所
清家 篤 1996 『評価制度に関する調査研究』,三和総合研究所
Smith, C., Knight, D. and Willmott, H., 1991 White-collar Work : Non-Mannual Labor Process, Macmillan.
菅野 和夫 1988 『労働法第二版』,弘文堂
戸塚 秀夫・中村 圭介・梅澤 隆 1990 『日本のソフトウエア産業』,東京大学出版

◆7 労働者の転職・失業・定年・引退

あさひ銀行調査部 1995 「雇用が変わる――若年層の失業問題を中心に」,同『Asahi Special Report』1995年10月
朝日生命 1986 『朝日新聞』1986年8月26号
足利銀行 1991 『日経新聞』1991年3月24日号.栃木県内の民間企業・官公庁 男性 425 人
Beveridge  William H.  1930  Unemployment : A Problem of Industry  London: Longman.
Blyton  P. and Morris  J.  1992  "HRM and the limits of flexibility " in Blyton  P. and Turnbell  P. (eds.)  1992  Reassessing Human Resource Management  London: Sage.
キャリアデザィンセンター 1994 「キャリアに関するアンケート調査」,首都圏・近畿圏在住の男性労働者,20代,30代前半,676 人
中小企業庁 1988 「消費者行動実態調査」
Egon Zehder International, 1987 cited in Wall Street Journal Sept. 29, 1987.
Flowers, Vincent S. and Charles L. Hughs, 1973 "Why Employees Stays," Harvard Business Review, Jul.-Aug., 1973, pp. 49-61.
富士総合研究所 1995 「望めない卸・小売業の雇用者数増加」,富士銀行『富士タイムズ』1995年10月,pp.2-3
Grothe, Mardy and Peter Wylie, 1988 Problem Bosses : Who They Are How To Deal With Them, NY : Ballentine Books.
岩男 寿美子 他 1991 『単身赴任:家庭と職業のはざまで』,有斐閣. 4 家族の事例
若年者等の職業意識に関する懇談会 1991 同報告書,1987年卒大卒者
科学技術庁 1991 研究者間の情報ネットワーク利用による80人の研究者への調査  『日経新聞』1991年4月27日号
(財)家計経済研究所 1996 「消費生活に関するパネル調査」,1995年実施,24-34歳 全国,1341人
Kanter, Rosabeth M., 1977 Men and Women of the Corporation, New York, Basic Books.
川喜多 喬 1986 「『転勤』の社会学――労働力移動の『日本的形態』の現状と課題」,東京外国語大学海外事情研究所『人的移動に伴う地域社会の変容――その 国際比較(文部省特定研究報告)』1986.3,pp.175-190
川喜多 喬 1989 「労働者の意識と勤労意欲」菊野 一夫・平尾 武久 編「雇用管理の新ビジョン」,中央経済社 pp.77-101
川喜多 喬 1996 「若年労働力の急減と人的資源管理の転換」日本労働研究機構『総合研究:若年労働力の急減と人的資源管理』,日本労働研究機構
川喜多 喬 他「グループ経営と人事戦略」 1997 総合労働研究所,上場企業 724社,1992 年に調査,正規従業員平均2867人と大企業
Kelvin, Peter and Jarrett, Joanna E., 1985 Unemployment : Its Social Psychological Effects, Cambridge U. P.
小池 和男 1996 『日本の雇用システム』,東洋経済新報社
国民金融公庫調査部 編 1990 「新規開業の実態――豊かさのなかでの自己実現」,中小企業リサーチセンター 同公庫への融資申し込み者への調査
国民金融公庫総合研究所 1995 「中途採用者の積極的な活用を図る中小企業」,国民金融公庫調査月報,No.405,1995年1月,pp.10- 17
高年齢者雇用開発協会 1990 「定年到達者の60歳代前半期における職業と生活(3)」定年などで辞めたあとの労働者 2985人
興和火災海上保険 1989 『日経新聞』1989年11月21日夕刊.首都圏居住,30-59歳,315人
クラレ,1990 社内単身赴任者 100人,『毎日新聞』1990年4月23日号
Legg, Karen 1995 Human Resource Management Rhetorics and Realities 
don, Macmillan Press Ltd.
Littlefueld, David and Overell, Stephen 1996 "Temp jobs fuel rise in transient labour," People Management, Sept. 1996, p.14.
マンパワージャパン 1983 「現代OLの転職に関する意識調査」,東京,大阪のオフィス街での街頭アンケート,300人
Mackie, W. Gilmore and Lipsett, Laurence 1996 The Contingent Worker : A Human Resource Perspective, Alexandria, NJ: SHRM.
Mobley, W. H. et al., 1979 "Review and conceptual analysis of the employee turnover process," Psychological Bulletin, 86, pp.493-522
文部省,学校基本調査,各年度
『日経ビジネス』 1990 「ミニ調査 単身赴任」,読者 355人
『日経新聞』 1991年6月13日号,読者125 人
日経新聞社・日経産業消費研究所 1991 「第27回消費者総合調査」
日本経営者団体連盟・日本産業訓練協会 1995 「第8回産業訓練実態調査」,1994年実施,527社,300人以上の企業が大部分である
日本リクルートセンター 1984 「転職に関する実態および意識調査」,首都圏在住の20-39歳,男性労働者,1592人.転職者は615人
日本労働研究機構 1990 「高卒者の進路選択と職業志向」調査結果の概要.1988年春卒業の,6都府県23高校2319人.卒業後9カ月の時点.回 収率62.8%
日本労働研究機構 1993a 「労働力不足下の高学歴転職者と中小企業労働者の意識と行動」,1975 年以後に創業された中小製造業に1988年以後中途採用された労働者428人
日本労働研究機構 1993b 「労働力不足下の高学歴転職者と中小企業労働者の意識と行動」,300-999人規模の企業に1988 年以後中途採用された短大卒以上の高学歴労働者760 人.男性中高年転職者(40歳以上で転職)は106人
OECD 1984 The Nature of Youth Unemployment : an Analysis for PolicyMakers  Paris; OECD.
OECD 1994 The OECD Jobs Study Facts, Analysis, Strategies, 1994, Paris; OECD.
リクルートリサーチ 1987 「人材流動化に関する実態および意識調査」,首都圏在住者  20-54歳,男性労働者,3500人
連合総合生活開発研究所 1995 「サラリーマンの企業帰属意識の変化と職業転換能力に関する調査」,大企業事務営業・研究技術系男性労働者684人. 平均年齢37.6歳
Riessman, Frank 1968 "New Careers: A Workable Approach to Hard-Core Unemployment," Personnel, 45 (5), pp. 36-41, Sept. Oct., 1968.
Rifkin, Jeremy 1995 The End of Work, NY; Jeremy P. Tarcher, Inc.
労働省 「雇用動向調査」各期,主要9大産業,常用労働者 5 人以上の事業所より1万4千人?
労働省 1990 「転勤と勤労者生活に関する調査研究会報告」従業員5千人以上の巨大企業52社の単身赴任者500人,家族帯同転勤者452人
労働省 1992 「91年中途採用者就業実態調査結果速報」,主要9大産業,従業員30人以上7359社,および89年10月−91年9月に中途採用さ れた従業員約2万5千人.
労働省 1995 「求職者の意識に関する調査」,公共職業安定所来訪者,自己都合離職者  2000人.
労働省労働大臣官房政策調査部統計調査第一課 1995 「平成6年就業形態の多様化に関する総合実態調査結果速報」1995年9月
労働省労働大臣官房政策調査部産業労働調査課 1996 「ホワイトカラーの中途採用の実態に関する調査(企業調査)」「ホワイトカラーの転職の条件整備 に関する調査(労働者調査)」結果概要.1995年調査,企業調査は従業員規模30-999人の企業3000社,労働者調査は中途採用後勤続5年以内の正 社員ホワイトカラー8100人,有効回答率:企業調査12.7 %,労働者調査7.0 %
労務行政研究所調査部編集室 1995 「不況下における高年齢者出向の状態」,1995年9 月
Rothman, Robert A. 1987 Working Sociological Perspectives, Englewood Cliffs, Prentice-Hall.
産労総合研究所 1995 「94年度新入社員 1年後の会社観・仕事観」
三和総合研究所 1996 「ホワイトカラーの過剰問題について」,同所『今月の問題点』1996年1月
Scullion, Hugh 1992 "Strategic recruitement and development of the international manager," Human Resource Management Journal, Winter 1992.
(財)生命保険文化センター 1986 「サラリーマンの意識と生活保障に関する調査」,大都市通勤圏に住む20-59歳,男性労働者
宣伝会議編集部 1971 「求人広告戦略――人材不足時代への挑戦』,久保田宣伝研究所
社会経済生産性本部 1995 「新入社員意識調査」,同本部新入社員研修受講者,1904人
総務庁 各月 「労働力調査」
総務庁 各年 労働力特別調査,前年の3月から発表年の2月までについて調査,15歳以上男性
総務庁 1987,1992,「就業構造基本調査」
総理府 1979 「組織で働く青少年の意識」
Schein, Edgar 1990 Career Anchors : Discovering Your Real Values, San Diego : Pfeiffer.
Steele, John E. and Lewis B. Ward, 1977 "MBA's : Mobile, Well Situated, Well Paid,"   Havard Bussiness Review, Jan.-Feb. 1977, pp.99-109.
太陽神戸総合研究所 1990 全国の事務系女性労働者,1186 人.『日経新聞』1990年6月21日夕刊
Thompson, E.P. 1963 The Making of English Working Class.
東京都労働経済局 1991 「東京の労働'91」,常用規模30人以上,製造・卸・サービス,正社員男女2844人(回収率35.6 %)
東京都立労働研究所 1994 300人未満の製造業の企業にもっとも長く働いている技能職.男性技能工894人(平均勤続22.9年),女性技能職 605人(平均勤続14.7人)
東京都立労働研究所 1995 「不況下の中小企業管理職:企業の悩みとホワイトカラーの心情」,1993年に調査実施,中小企業の部課長以上 810 人
東京都立労働研究所 1996 「東京の中高年離職者たち:長期不況下の企業の行動・労働者の意識」,1995年実施,ほとんどが50歳以上で,公共職業 安定所来訪者585人,都職業技術専門校受講者656人
『とらばーゆ』 1989年10月27日号,転職経験者,失業者867人,平均年齢24.5歳,未婚82.9%,家族と同居72.9%
東洋経済新報社 1988 「昭和六十年入社組の退職状況」,東京証券取引所上場企業378社に1985年に入社した4年制大卒以上の男性,短大卒以上の 女性に関する追跡調査
U. S. Department of Labor, Bureau of Labor Statistics 1992 Current Population survey.
牛窪 浩 1970 『転職少年――なぜ彼らはやめてゆくのか』,日本経済新聞社
Van Maanen, John and Edgar H. Shein, 1979 "Toward a theory of organizational socialization," Reserch in Organizational Behavior 1, pp.209-64.
Walton, R. 1991 "From control to commitment in the workplace," in Steers and Porter (eds.) 1991 Motivation and Work Behaviour, NY; Doubleday.
Warr, Peter 1987 Work, Unemployment and Mental Health. Oxford, UK, Oxford University Press.
『読売新聞』 1993年3月12日タ刊.第13回日本精神医学会での発表,1991 年調査,1190 人,平均年齢48.4歳,7割が管理職.

◆8 外国人労働者

バングラデシュ開発問題研究所 1993 『日本への出稼ぎの実態調査』,総合研究開発機構
バレスカス,マリオ・ロザリオ・ピケロ 1996 山田 満理子 訳「在日フィリピン人労働者の多様な状況」駒井 洋 編『日本のエスニック社会』,明石書店,pp.93-120所収
浜松市企画部国際交流室 1993 「浜松市における外国人の生活実態・意識調査――日系プラジル・ペルー人を中心に」
法務省入国管理局 1996 「平成7年度中における留学生等の日本企業への就職について」
法務省入国管理局『本邦における不法残留者数』各号
稲上 毅・桑原 靖夫・国民金融公庫総合研究所 1992 『外国人労働者を戦力化する中小企業』,中小企業リサーチセンター
喜多川 豊宇 1993 「1993年大泉町における日系プラジル人の生活構造・意識調査概要――1992年浜松調査との比較のなかで」『東洋大学・社会学研究所 年報』第26号,pp.1-38
喜多川 豊宇 1995 「大泉町・浜松市における日系プラジル人の生活構造と意識――日系人広域ネットワーク社会の形成」『東洋大学社会学部紀要』32-3(通 巻第47集),pp.151-246
喜多川 豊宇・村田 宏雄 1992 「首都圏・太田市におけるアジア系不法就労者のヒアリング調査パキスタン・バングラディッシュ・イラン人労働者の比較研究」研究代表・山 下 袈裟男『ヒトの国際化に関する総合的研究特に外国人労働者に関する調査研究を中心に』平成2年度・3年度科学研究費補助金一般研究(A)・研究成果報告 書,pp.224-304所収
厚生省大臣官房統計情報部 編 『平成6年・人口動態統計上巻』,厚生統計協会
国際協力事業団 1992 『日系人本邦就労実態調査報告書』.駒井 洋 編 1995 『外国人定住問題資料集成』,明石書店,pp.75-280所収
国際協力事業団 1993 『平成4年度・日系人本邦就労実態調査報告書』.駒井 洋 編 1994 「外国人労働者問題資料集成上・政府関係篇 』,明石書店,pp.115-179所収
駒井 洋 1994 「段階的市民権を提唱する」『世界』1994年6月号,pp.122-133
Massey, Douglas S. 1986 "The Settlement Process among Mexican Migrants to The United States," in Amencan Sociological Review, Vol.51, pp.670-684.
三宅 博之 1990 「アジアから日本への出稼ぎ労働者の実態――バングラデシュ出身者の場合」『アジア経済』第31巻第9号,pp.27-49
森 博美 1988 「出入国管理統計による不法残留外国人数の推計」法政大学・日本統計研究所『研究所報』No.15,pp.60-82
入管協会 『在留外国人統計』各年度版
沖縄県国際交流財団 1990 『南米移住者子弟の「出稼ぎ問題」に関する実態調査報告書』

奥田 道大 1993 「新宿調査から学ぶこと――日本の地域社会のゆくえ」奥田 道大・田嶋淳子 編著 1993 『新宿のアジア系外国人――社会学的実態報告』めこん, pp.293-313
奥田 道大・田嶋 淳子 編著 1991 『池袋のアジア系外国人――社会学的実態報告』 めこん
奥田 道大・田嶋 淳子 編著 1995 『新版・池袋のアジア系外国人――回路を閉じた日本的都市でなく』,明石書店
Piore, Michael J., 1979 Birds of Passage Migrant Labor and Industrial societies, Cambridge University Press.
Portes, Alejandro (1995) "Economic Sociology and the Sociology of Immigration : A Conceptual Overview", in Alejandro Portes (ed.) The Economic sociology of Immigration : Essays on Networks, Ethnicity, and Entrepreneurship (Russell Sage Foundation), pp.1-41.
労働省 『労働経済動向調査』各号
労働省職安局外国人雇用対策課 1993 『第一回外国人雇用状況報告の結果について』
労働省職安局外国人雇用対策課 1994 『第二回外国人雇用状況報告の結果について』
労働省職安局外国人雇用対策課 1995 『外国人雇用状況報告の結果について』
労働省職業安定局 編著 1995 『外国人雇用対策の現状』,労務行政研究所
『留学生新聞』編集部 1994 「在日華人の実態『留学生新聞』読者アンケート報告」
駒井 洋 編 1995 『外国人定住問題資料集成』,明石書店,pp.281-328所収
佐藤 忍 1996a 「日系プラジル人の雇用管理」『大原社会問題研究所雑誌』No.453,8月号,pp.29-45
佐藤 忍 1996b 「構内下請けと日系ペルー人」『大原社会問題研究所雑誌』No.454,9月号,pp.37-49
佐野 哲 1995 『日系人労働者の需給システムと就労経験――「出稼ぎ」に関するプラジル現地調査を中心に』日本労働研究機構調査研究報告書No.66
高梨和紘 1995 「タイ国海外出稼ぎ労働者の特性と本国送金――在日タイ労働者のアンケート調査」高梨和紘編著『タイ経済の変容と政策課題』,文員 堂,pp.103-124
東京都立労働研究所 1991 『東京都における外国人労働者の就労実態』
東京都立労働研究所 1995 『外国人労働者のコミュニケーションと人間関係 Part I』
東京都立労働研究所 1996 『外国人労働者のコミュニケーションと人間関係Part II』
筑波大学社会学研究室 1994 『在日イラン人――景気後退下における生活と就労』,駒井洋編 1995 『外国人定住問題資料集成』,明石書店, pp.329-587所収
渡辺 雅子 編著 1995 『共同研究・出稼ぎ日系プラジル人上・下』,明石書店


UP:20070928
日本の労働(組合)運動 ◇
TOP HOME(http://www.arsvi.com)