HOME > BOOK >

『万民の法』

Rawls, John 1999 The Law of Peoples: with "The Idea of Public Reason Revisited", Harverd University Press.
=20060714 中山 竜一 訳,岩波書店,345p.


このHP経由で購入すると寄付されます

Rawls, John 1999 The Law of Peoples: with "The Idea of Public Reason Revisited", Harverd University Press. =20060714 中山 竜一 訳,『万民の法』,岩波書店,345p. ISBN-10: 4000244337 ISBN-13: 9784000244336 \3300 [amazon][kinokuniya]

■内容

内容(「BOOK」データベースより)

リベラルな社会も、リベラルではないが良識ある社会も等しく参加できる、平和と正義に満ちた国際社会? そのような「万国民衆の社会」は、いかにして実現可能か。この社会では、正義の戦争は正当化できるのか、また恵まれた社会はどこまで他国を援助すべきなのか? 自らが生涯にわたって追究してきたリベラリズム論と、カントの「永久平和」論を起点としながら、「現実主義的ユートピア」を達成するための原理を構想する。ロールズ晩年の主著。「公共的理性の観念・再考」を併載。

内容(「MARC」データベースより)

正義の戦争とは? 恵まれた社会はどこまで他国を援助すべきか? 自らが生涯にわたって追究してきたリベラリズム論と、カントの「永久平和」論とを起点にしながら、「現実主義的ユートピア」を達成するための原理を構想する。

著者略歴(「BOOK著者紹介情報」より)
Rawls, John(ロールズ,ジョン)
1921‐2002年。元ハーヴァード大学教授

中山 竜一(なかやま・りゅういち)
1964年生まれ。大阪大学大学院法学研究科教授。法理学・法思想史
■目次 ■引用

■書評・紹介

■言及



*作成:樋口 也寸志
UP: 20091119 REV:
身体×世界:関連書籍  ◇BOOK
TOP HOME (http://www.arsvi.com)