HOME > BOOK >

『ハンナ・アーレント――〈生〉は一つのナラティヴである』

Kristeva, Julia 1999 Le génie féminin: Hannah Arendt,Librairie Artheme Fayard
=20060830 松葉 祥一・勝賀瀬 恵子・椎名 亮輔 訳,作品社,329p.

last update:20111221

このHP経由で購入すると寄付されます

■Kristeva, Julia 1999 Le génie féminin: Hannah Arendt,Librairie Artheme Fayard =20060830 松葉 祥一・勝賀瀬 恵子・椎名 亮輔 訳 『ハンナ・アーレント――〈生〉は一つのナラティヴである』,作品社,329p. ISBN-10:486182091X ISBN-13:978-4861820915 \3990 [amazon][kinokuniya] ※ ah02 p

■内容

内容(「BOOK」データベースより)
戦争と革命、哲学と政治の十字路に立つアーレントの“生”とは何か。20世紀をともに生き、思考しつづけた2人の女性思想家の出会いによって生まれた、思想家論/評伝の傑作。

内容(「MARC」データベースより)
戦争と革命、哲学と政治の十字路に立つアーレントの「生」とは何か。20世紀をともに生き、思考し続けたふたりの女性思想家の出会いによって生まれた、思想家論。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
クリステヴァ,ジュリア
文学理論家、精神分析家、哲学者。1941年、ブルガリアのユダヤ系の家庭に生まれる。1965年、留学生としてパリに移住。1973年より、パリ第7(ドゥニ・ディドロ)大学教授

松葉 祥一
神戸市看護大学教授。専攻:哲学

椎名 亮輔
同志社女子大学学芸学部音楽学科助教授。専攻:音楽美学

勝賀瀬 恵子
龍谷大学非常勤講師。専攻:哲学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

■目次

第T章 人生は一つの物語である
 1 「かくも剥き出しに曝された」伝記
 2 聖アウグスティヌスによる愛
 3 範例の意味―ラーエル・ファルンハーゲン
 4 アーレントとアリストテレス
 5 二〇世紀を語る
 第T章原註

第U章 過剰な人類
 1 ユダヤ人であること
 2 構造の要素のなかで…フランスの場合
 3 現代の反ユダヤ主義とは何か
 4 帝国主義…そして、全体主義
 5 悪の凡庸さ
 6 信仰と革命…社会、この家庭において
 第U章原註

第V章 思考・意志・判断
 1 「誰」と身体
 2 思考する〈自己〉の対話――「断層」、メランコリー、独裁
 3 内的人間から、生命プロセスの暴力へ
 4 観客の趣味――政治哲学に向けて
 5 判断――赦しと約束のあいだで
 第V章原注

訳者あとがき

■引用

■書評・紹介

■言及



*作成:樋口 也寸志
UP:20111113 REV:20111221
Arendt, Hannah ◇哲学/政治哲学(political philosophy)/倫理学  ◇身体×世界:関連書籍  ◇BOOK
TOP HOME (http://www.arsvi.com)