HOME > BOOK >

『共につくるやすらぎのホーム――利用者本位の高齢者施設をめざして』

大友 信勝・植谷 和則・大熊 一夫 編 19981109 KTC中央出版,234p.

last update:20101202

このHP経由で購入すると寄付されます

■大友 信勝・植谷 和則・大熊 一夫 編 19981109 『共につくるやすらぎのホーム――利用者本位の高齢者施設をめざして』,KTC中央出版,234p. ISBN-10:487758109X ISBN-13: 978-4877581091 \2100 [amazon][kinokuniya] ※ a06

■内容

内容(「BOOK」データベースより)

あなたの老後は大丈夫ですか?『高齢者施設のルネッサンス』に続く第2弾!介護保険実施を目前にしての高齢者施設職員らの真摯な取り組み。

内容(「MARC」データベースより)

鳥取県厚生事業団の職員による、利用者・県民が主人公になる施設づくりをめざした研究と実践の問題提起の報告。人間らしく暮らせる高齢者施設づくりにむけた、自らの意識改革と社会へのアプローチを示す。〈ソフトカバー〉

■目次

第1章 この鳥取で安心して老後をむかえるために―高齢者福祉の現実と課題・鳥取のシンポジウムより
第2章 寝たきり介護から生きる喜びを引き出す介護へ―特別養護老人ホームの取り組み
第3章 安心して老いられる施設運営―重度化と人手不足の狭間を切り抜ける知恵
第4章 利用者・県民と共に福祉をつくる―利用者本位の施設づくりを支える職員集団をめざして

■引用

■書評・紹介

■言及



*作成:永橋 徳馬
UP:20101202 REV:
老い 身体×世界:関連書籍  ◇BOOK
TOP HOME (http://www.arsvi.com)