HOME > BOOK >

『ゼミナール 共生・衡平・自律――21世紀の女の労働と社会システム』

関西女の労働問題研究会 編 竹中恵美子・大脇雅子・丸本百合子 著 19981110 ドメス出版,205p.

Tweet
last update:20170131

このHP経由で購入すると寄付されます


■関西女の労働問題研究会 編 竹中恵美子・大脇雅子・丸本百合子 著 19981110 『ゼミナール 共生・衡平・自律――21世紀の女の労働と社会システム』,ドメス出版,205p. ISBN-10: 4810704866 ISBN-13: 978-4810704860 2,000+ [amazon] [kinokuniya]

■内容

(「BOOK」データベースより)
 目前に迫った21世紀に雇用と社会システムの変革をどう切り拓けばよいのか?ジェンダー、男女同一価値労働・同一賃金、アンペイド・ワーク、規制緩和、リプロダクティブ・ヘルス/ライツ等のテーマから、竹中恵美子・大脇雅子・丸本百合子が語る理論と展望。

■目次

第1章 経済の仕組みとジェンダー
第2章 賃金差別とコンパラブル・ワース
第3章 アンペイド・ワーク(無償労働)と社会政策―新しい社会システムに向けて
第4章 非正規雇用とパート労働者―世界と日本
第5章 リプロダクティブ・ヘルス/ライツと労働―健康に働く権利

■引用

■書評・紹介

■言及



*作成:焦 岩
UP: 20170131
身体×世界:関連書籍  ◇BOOK
TOP HOME (http://www.arsvi.com)