HOME > BOOK >

『自閉症の子どもたち』(子どものためのバリアフリーブック 障害を知る本7)

茂木 俊彦 監修,太田 昌孝 編,稲沢 潤子/文,オノビン・田村 孝/絵 19981023 大月書店,35p.

Tweet
last update:20170921

このHP経由で購入すると寄付されます


■茂木 俊彦 監修,太田 昌孝 編,稲沢 潤子/文,オノビン・田村 孝/絵 19981023 『自閉症の子どもたち』(子どものためのバリアフリーブック 障害を知る本7),大月書店,35p. ISBN-10:4272402870 ISBN-13:978-4272402878 1800+ [amazon][kinokuniya] ※自閉症 a07

■内容

[amazon]より

商品説明

小学校高学年向けに自閉症という障害を分かりやすく書いた絵本。「障害を知る本」シリーズの7巻にあたり、ほかに『ことばの不自由な子どもたち』、『LD(学習障害)のこどもたち』などがある。

読んでも振り向かなかったり、いつまでもコマのようにくるくると回ったり、木に登ったまま何時間でも降りてこないといった不思議な行動をとる自閉症の子どもたち。漢字の意味から「自分の殻に閉じこもってしまう病気」と勘違いされやすい自閉症だが、実は脳の中枢神経の障害であるということ、その行動の特徴と意味について平易な言葉とイラストで解説し、さらには、どのように自閉症児と接すればいいのかということへも踏み込んでいる。

すべての学校の学級文庫に置いておきたいシリーズであると同時に、大人のための入門書としてもレベルは高い。自閉症児をもった親が読むというよりは、周囲の方々に自閉症という病気を理解してもらうのに最適の1冊となるだろう。(小山由絵)

内容(「MARC」データベースより)

自閉症の子どもたちの行動は、一見不思議なものに見えるが、それらの行動にはちゃんと意味があり、周りの人たちは理解して接してあげることが大事である。自閉症児の行動の特徴と接し方を、わかりやすく解説する。

■目次

■引用

■書評・紹介

■言及



*作成:岩ア 弘泰
UP:20170921 REV:
自閉症 autism 身体×世界:関連書籍  ◇BOOK
TOP HOME (http://www.arsvi.com)