HOME > BOOK >

『ちがうことこそええこっちゃ』

牧口 一二(まきぐち いちじ) 19980625 NHK出版,206p.

Tweet
last update:20180430

このHP経由で購入すると寄付されます


牧口 一二 19980625 『ちがうことこそええこっちゃ』,NHK出版,206p. ISBN-10:4140803770 ISBN-13:9784140803776 1000+ [amazon][kinokuniya]

■内容

[amazon]より

内容(「BOOK」データベースより)

マキさんは大阪の障害者運動の“顔”みたいな人。今日も松葉づえを小道具にして全国の学校をめぐり、子どもや若者に語る。人は皆ちがうから素晴らしいんや―あったかくて鋭い、会心のハートフル・エッセイ。


内容(「MARC」データベースより)

マキさんは大阪の障害者運動の顔みたいな人。今日も松葉杖を小道具にして全国の学校をめぐり、子どもや若者に語る。人は皆ちがうから素晴らしいんや-あったかくて鋭い、会心のハートフルエッセイ。

■目次

第1章 松葉杖がゆく(ケッタイナって?;なんのこっちゃ?;いとおし〜い! ほか)
第2章 街頭カンパの心理学(あまりにもシャクだ!;みんな、やさしかった!;ドラマチックやったなぁ ほか)
第3章 ちがうことこそええこっちゃ(どうコロんでも…;それ、いただきや!;こうでなくっちゃあ! ほか)
第4章 子どもたちは社会の鏡(しばし、ぼうぜん…;つかれてる〜ゥ!;ざまぁ〜みろ! ほか)

■引用

■書評・紹介

■言及



*作成:岩ア 弘泰
UP:20180430 REV:
身体×世界:関連書籍  ◇BOOK
TOP HOME (http://www.arsvi.com)