HOME > BOOK >

『遠野/物語考』

赤坂 憲雄 19980109 筑摩書房,ちくま学芸文庫,358p.

last update:20111009

このHP経由で購入すると寄付されます

■赤坂 憲雄 19980109 『遠野/物語考』,筑摩書房,ちくま学芸文庫,358p. ISBN-10:4480083979 ISBN-13:978-4480083975 \1260 [amazon][kinokuniya] ※ s lc01  ←19940215 『遠野 物語考』,宝島社,270p. ISBN-10: 4796607730 ISBN-13: 978-4796607735 [amazon]

■内容

■目次

第一章 物語考
 1 『遠野物語』の現在
 2 遠野からのまなざし
 3 蝦夷・大同・オシラサマ
 4 起源としての大同
 5 原・遠野物語へ

第二章 白神考
 はじめに
 1 オシラ神祭り
 2 オシラサマの神像
 3 家の神、またはマキの神
 4 修験・巫女とオシラサマ
 5 遠野のオシラサマ
 6 原オシラサマ信仰へ
 7 花とイナウのはざまに
 8 北へ/北からのまなざし

第三章 境界考
 はじめに
 1 家の境界――軒・門口・庭木
 2 集落の境界――寺門・道ちがえ
 3 水辺の境界――橋・河原・池の端
 4 山中の境界――峠

第四章 色彩考
 はじめに
 1 白の世界
 2 黒の世界
 3 赤の世界
 4 青の世界
 5 三原色、その重層する世界
 6 古層としての赤

第五章 黄昏考
 黄昏
 語り部
 オシラサマ
 占術
 イタコ
 ザシキワラシ
 飯綱使い
 神前裁判
 ハヤリ神
 道封じ
 神隠し
 油取り
 雨乞い
 狂気
 シルマシ
 オマク
 蘇生
 橋
 幽霊
 天狗の娘

第六章 地名考 その他
 物語からの出立
 事実と事実?のあいだ
 峠の語り部たち
 古層の物語へ
 アイヌ語地名をめぐって
 魔所のある風景
 遠野の『遠野物語』へ

あとがき
文庫版 あとがき
解説 『遠野物語』の新たな出発
初出一覧

■引用

■書評・紹介

■言及



*作成:樋口 也寸志
UP:20111009 REV:
社会学 sociology ◇Levi-Strauss, Claude  ◇身体×世界:関連書籍  ◇BOOK
TOP HOME (http://www.arsvi.com)