HOME > BOOK >

『出産の歴史人類学――産婆世界の解体から自然出産運動へ』

鈴木 七美 19971210,新曜社,283p


このHP経由で購入すると寄付されます

■鈴木 七美 19971210 『出産の歴史人類学――産婆世界の解体から自然出産運動へ』,新曜社,283p. ISBN-10:4788506157 \3800 [amazon][kinokuniya] ※ ma r01

■内容

出産が産婆の手から医師の手に移ろうとしたとき何が起こったか?産婆世界と近代医学との文化衝突のただなかに出現した植物・水治療運動を光源として現代に通じる出産観、人間観、自然観の葛藤と変動の力学を照明する

■目次

はしがき
序章 出産の歴史人類学のために
第1章 伝統的産婆術の世界とその解体
第2章 トムソニアニズムにおける出産
第3章 ハイドロパシーにおける出産
終章 産婆世界解体プロセスにおける出産・「自然」・癒し
あとがき



*作成:近藤 宏

UP:20081002
医療人類学産・生身体×世界:関連書籍 1990'  ◇BOOK
TOP HOME(http://www.arsvi.com)