HOME > BOOK >

『NPO基礎講座――市民社会の創造のために』

山岡 義典 編,田代 正美・久住 剛・早瀬 昇・片山 正夫 19970925 ぎょうせい,264p.

Tweet
last update: 20190731

このHP経由で購入すると寄付されます


■山岡 義典 編,田代 正美・久住 剛・早瀬 昇・片山 正夫 19970925 『NPO基礎講座――市民社会の創造のために』,ぎょうせい,264p. ISBN-10:432406704X ISBN-13:978-4324067048 2000+ [amazon][kinokuniya]※ s4000000

■内容

amazonより

内容(「MARC」データベースより)

NPOとは何か、多様な視点からNPOの基本をわかりやすくまとめた入門書。1997年~1999年刊「NPO基礎講座 1~3」を全面改訂して一冊にまとめた新版。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

山岡 義典
1941年満州に生まれ、広島で育ち、東京にでてきて大学で健築学を修め、大学院に進んで都市計画を専攻。69年から77年まで都市の計画や設計の実務につき、トヨタ財団に転職。92年にフリーになり、民間非営利活動の発展のための調査研究や仕掛けづくりに携わる。96年11月、多くの関係者と協力して日本NPOセンターを設立、常務理事・事務局長に就任(04年7月から副代表理事)。01年4月、法政大学・現代福祉学部教授に就任。02年4月、市民社会創造ファンドを設立、運営委員長に就任(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


■目次

第1章 NPOの意義と現状
TNPOとは何か?
1NPOとは
2類似概念との関係
UNPOは第3セクターの担い手
1第3セクターとは
2第3セクターの社会的意味
3第3セクターの個人的意味
V日本のNPO的なものの伝統と歴史的背景
1地縁社会における濃密な相互扶助の伝統
2宗教的伝統の不連続性
3天皇制と恩寵の構造
4社会救援活動の展開
5文化支援活動の発展
6企業家の社会貢献から企業の社会貢献へ
7市民(公益)活動の台頭と成長
W日本のNPOの諸相
1活動分野から見ると
2活動態様から見ると
3法人制度から見ると
XNPOの構成要素
1人的観点
2資金的観点
Y海外のNPO制度との比較
1アメリカ
2イギリス
3日本
Zところでいったい、NPOとは何か?
1個人の思い(志し)を社会的な力にする仕組みである
2市場で供給できない社会サービスを民間で供給する仕掛け
3最も安上がりな社会のモニター装置である
4独創的・個性的な生き方を可能にする場である
5未来からやってきた異物である
6新い市民社会の創造主体である

第2章 NPOとボランティア
T原始、NPOはボランティアであった〜「ボランティア」とは
1「ボランティア」とは何か?
2行政との違い〜「固有の意義」の自覚〜
3「ボランティア」と「非営利有償活動」の関係
UNPOにとってのボランティア
1NPOにとってボランティアとは何か?
2社会の中でNPO、ボランティアとはいったい何なのか?

第3章 NPOと企業の社会貢献〜企業とNPOの望ましい関係〜
T現在までの企業の社会貢献活動の俯瞰
Uドラッガーの見る「時代の転換期」「新しい社会」
V社会貢献とは?
W企業の社会貢献の系譜
11950年代〜1970年代
21980年代
31990年代
X企業の社会貢献の現状
1形態
2企業はなぜ社会貢献するのか?
Y企業の社会貢献の将来展望
1人権〜企業の社会的責任と企業の社会貢献の一貫性〜
2「多様性」の価値をどこまで信じきれるか?〜NPOのパートナーシップ〜
3「ビジョン」なき道程にどこまで耐えられるか?

第4章 NPOと助成財団〜NPOの先駆的な活動のために〜
T助成財団もまたNPOである
1財団とは何か?
2わが国の財団の現状と特質
3財成財団の「二面性」
UNPOと助成財団は、共通の社会的役割をもっている
1市場(企業)にも政府にもできない(不得手な)こと
2非営利・公益分野における「ベンチャー企業」「ベンチャー・キャピタル」
3オルタナティブの提案
VNPOに対する助成の役割とは?
1資金の媒介〜助成プログラムのヴァリエーション〜
2情報の媒介
Wよりよいパートナーシップづくりに向けて
1「ミッション」と「戦略」
2アカウンタビリティ
3事業評価
第5章 NPOと自治体行政〜NPOの自発性を活かした関係
Tはじめに〜なぜNPOなのか?〜
1NPOの系譜〜ネットワーキングと市民社会〜
2基本的視点
U新たな社会システムとしてのNPO
1市民活動・NPOの定義〜概念整理〜
2第3セクターの体現する「価値」
3社会変化と市民活動・NPO
4NPOの拓く社会
V行政―市民活動・NPO関係論
1行政と市民活動・NPOの協働へ向けて
2「NPO法」〜自治体の課題〜
3NPOと行政の協働・パートナーシップ
W行政改革・地方分権とNPO
1行政改革とNPO
2地方分権とNPO
3政治とNPO
4「地殻変動」改革へ

第6章NPOをめぐる法制度と税制度
T非営利団体設立に関する法制度
1非営利団体設立に関する法制度の現状
2公益法人設立手続きの問題点
U公益法人の公益性・非営利性に関する具体的問題
〜公益法人の設立及び運営に関する基準〜
V公益法人の管理
1公益法人の機関についての現状
2公益法人の情報公開
W公益法人の解散及びその手続の現状
1公益法人の解散事由
2公益法人の許可の取り消し
3解散後の法人の財産
X免税措置
1公益法人自体に対する税の優遇措置の現状
2公益法人に寄付をした場合の課税関係
Y特定非営利活動促進法〜いわゆるNPO法〜
1立法の経緯
2NPO法の特徴
3特定非営利活動促進法の概要
4NPO法の今後

■引用



■書評・紹介



■言及





*作成:竹川 慎吾
UP:20110124 REV:20190731(岩ア 弘泰
NPO・ボランティア  ◇身体×世界:関連書籍  ◇BOOK
TOP HOME (http://www.arsvi.com)