HOME > BOOK >

『老いの生きかた』

鶴見 俊輔 19970924 筑摩書房,201p.


Last Update:20101127
このHP経由で購入すると寄付されます

■鶴見 俊輔  19970924 『老いの生きかた』,筑摩書房,ちくま文庫,201p. ISBN-10:4480033270 ISBN-13:9784480033277 \588 [amazon][kinokuniya] ※

■内容

内容(「BOOK」データベースより)
年のとりかたは人さまざま。でもよりよく老いる道すじを選びたい。限られた時間の中で、いかに充実した人生を過ごすかを探る十八篇の名文。来るべき日にむけて考えるヒントになるエッセイ集。

■目次

未知の領域にむかって

柳先生
『黄昏気』より
生命の酒樽
最晩期の斎藤茂吉
幸せな男
ジジババ合戦、最後の逆転

分別は老熟につきもの
若きと老年と
老齢は強力な病気
要約すると

70歳の自画像
あととさき
耄碌寸前
現在高
小さくなる親
おいしい子犬
巣箱
年齢のこと

■引用

■書評・紹介

■言及



*作成:樋口 也寸志 
UP:20100819 REV:20101127
身体×世界:関連書籍  ◇BOOK
TOP HOME(http://www.arsvi.com)