HOME > BOOK

『人は家で死ぬべきだ――在宅介護の日々』

浅野 由美子 19970807 こーりん社,205p.


このHP経由で購入していただけると感謝

■浅野 由美子 19970807 『人は家で死ぬべきだ――在宅介護の日々』,こーりん社,205p. ISBN-10: 4906489184 ISBN-13: 978-4906489183 1600+ [amazon] ※ b d01

■内容(「BOOK」データベースより)
忘れかけていた、家で死ぬということ―いつか必ずやってくる日。あなたはどこで迎えたいですか。

内容(「MARC」データベースより)
なぜ日本人は皆、病院で死ぬようになってしまったのか。いつか必ずやってくる日を、本当はどこで迎えたいのか。訪問看護婦の人たちを通して在宅看護の実際を覗き、"家で死ぬ"ということを考え直す。

 訪問看護婦に取材して作られた本



1章 訪問看護と出会って
2章 キーパーソンは家族
3章 精いっぱい生きたから
4章 たとえ貧しくとも
5章 人間もよう
6章 ひとりで暮らせる
7章 そして、2000年に向かって

■言及

◆立岩 真也 2008 『…』,筑摩書房 文献表


UP:20071117 REV: 20081019
看護  ◇  ◇身体×世界:関連書籍  ◇BOOK
TOP HOME(http://www.arsvi.com)