HOME > BOOK >

『倫理と道徳』

河合 隼雄・鶴見 俊輔 編 199705 岩波書店,現代日本文化論9
295p. ISBN:4-00-026129-0 2835


このHP経由で[boople][bk1]で購入していただけると感謝。
(購入額の約3%が、また以下の[boople]からなら5%が寄付されます。)

■河合 隼雄・鶴見 俊輔 編 199705 『倫理と道徳』,岩波書店,現代日本文化論9,295p. ISBN:4-00-026129-0 2835 [boople][bk1]

■内容説明[bk1]

倫理や道徳を、いまどのように問えばよいのか。多様な価値が交錯し、ゆらぐ倫理と道徳のゆくえを、介護問題、仏教をはじめとするテーマのもとに考がえる論文集。〈ソフトカバー〉

倫理への道 鶴見 俊輔著 1-16
列島の自然と社会 網野 善彦著 17-44
倫理とアイデンティティー 海老坂 武著 45-68
政治社会における倫理 山室 信一著 69-100
ゆたかな社会と倫理の変容 春日 キスヨ著 101-126
老いと死の倫理 川本 隆史著 127-148
内属と離脱の振幅 那須 耕介著 149-172
漂流と国境 黒川 創著 173-202
男と女、夫婦、男・男、女・女 森崎 和江著 203-228
逝ってしまった女友だちへの手紙 落合 恵子著 229-254
仏教と倫理 瀬戸内 寂聴著 255-274
アニミズムと倫理 河合 隼雄著 275-295


UP:20040907
BOOK
TOP HOME(http://www.arsvi.com)