HOME > BOOK >

『龍平とともに』

川田 悦子 199703 ,岩波書店,327p.

last update:20100916

このHP経由で購入すると寄付されます

川田 悦子 199703 『龍平とともに』,岩波書店,327p. ISBN: 4000255517 1800 [amazon][kinokuniya]

■内容

実名を公表して薬害エイズの責任を国と製薬会社に問い,広い共感をえて画期的な和解実現の牽引車となった青年,川田龍平.その母の心は,訴訟開始以来の7年間,沈み,高ぶり,そして揺れ続けた.夫との対立・離婚,息子の発症への不安,生き方をめぐる迷い….活躍の陰で人知れず日記に刻まれた苦悩と格闘の生々しい記録.
内容(「MARC」データベースより)
実名を公開して薬害エイズの責任を国と製薬会社に問い、和解への牽引車となった青年・川田竜平の母である著者の日記を公開。たたかう女の内面の軌跡を伝え、人間としての格闘をささえたものが何だったかを明らかにする。

■目次

1 裁判は始まったけれど
2 家族みんなが傷ついて
3 生き方を変えなければ
4 今、決断の時
5 離婚届にサイン
6 龍平、実名公表を決意
7 裁判に勝つためならば
8 かちとった和解、そして…

■引用

■書評・紹介

■言及



UP:20100916
身体×世界:関連書籍  ◇BOOK
TOP HOME (http://www.arsvi.com)