HOME> BOOK >

『自然なお産を求めて―産む側からみた日本ラマーズ法小史』

杉山 次子・堀江 優子 19961220 勁草書房,309p. 2730


このHP経由で購入すると寄付されます

■杉山 次子・堀江 優子 19961220 『自然なお産を求めて―産む側からみた日本ラマーズ法小史』,勁草書房,309p.ISBN:4326799188  ISBN-13:978-4489007002 2730 [amazon] b d/l03 d/p


■内容(「MARC」データベースより)
主体性のあるお産を熱望した女たち、いいお産を探す助産婦や医師たちに支持され「お産の学校」を開いて17年。産みの場でのさまざまな出会いと人間回復をめざすこの実践記録は、明日の道しるべともなる。

■目次

第1章 産む側の立場でお産の学校を開く
第2章 お産革命の原動力は産前教育
第3章 助産婦が実践してきた自然分娩
第4章 リブのお産運動と助産婦の目覚め
第5章 お産の学校の歩みとラマーズ法の普及
第6章 お産を実践した受講者たちの声
第7章 ラマーズ法と日本の自然分娩



*作成:櫻井浩子
UP:20080208 REV:
産科  ◇身体×世界:関連書籍  ◇BOOK 
TOP HOME (http://www.arsvi.com)