HOME > BOOK

『遺伝子医療への警鐘』

柳澤 桂子 19961127 岩波書店, 293p.


このHP経由で購入すると寄付されます

柳澤 桂子 19961127 『遺伝子医療への警鐘』, 岩波書店, 293p. ISBN-10: 4000050435 ISBN-13: 978-4000050432 [amazon] be ms b

■出版社/著者からの内容紹介
人間のDNAをすべて読み解こうとするヒトゲノムプロジェクトが進んでいる.しかし,DNAの解読を通して自らの運命を知ったとき,人はそれをどう受け止めたらよいのか.その運命をも遺伝子工学によって操作しようとするとき,悲劇が起る可能性はないのか.遺伝子工学の現状を紹介し,その問題性と将来に落す翳を考える.

■内容(「MARC」データベースより)
ヒトDNAの解読を通して自らの運命を知った時、我々はどう受け止めればよいのか。又、遺伝子操作は悲劇を招く可能性はないのか。遺伝子工学と遺伝子医療の現状を紹介し、その深い問題性と将来に落とす影を考える。

■目次

1 生命の基本的な単位
2 DNAの塩基配列を読む
3 ヒトのゲノムを読む
4 病因遺伝子の探索
5 遺伝子診断と遺伝子治療
6 農作物と家畜の改良
7 遺伝子工学の嵐のなかで


UP:20071219 REV:20080528 20081104
生命倫理  ◇医療/病・障害と社会  ◇医学史・医療史  ◇身体×世界:関連書籍 1990'
TOP HOME(http://www.arsvi.com)