HOME> BOOK >

『どうなる日本の医療』

品川 信良 19960715 津軽書房,261p.


このHP経由で購入すると寄付されます

■品川 信良 19960715 『どうなる日本の医療』,津軽書房,261p.ISBN:4806601543   ISBN-13:978-4806601548 1050 [amazon]

■内容(「MARC」データベースより)
著者が人生の大半を過ごしてきた医師としての反省や、これからの医療機関、大学医学部の在り方などについて書いてきたものを選び、一冊にまとめた。〈ソフトカバー〉

■目次

「良医」について
医師や医療機関が信頼を高めるには
日本の医療制度
日本の医療と倫理や哲学
現代の医療を脅かしているもの
医療や医学と、哲学・倫理・法学などとの間をいかに狭めるか
患者と人権
生命倫理の動向
終末期にある患者への対応
安楽死と尊厳死
医師と医学の社会的使命
阪神大震災から考えさせられたこと



*作成:櫻井浩子
UP:20080519 REV:20080926
医療/病・障害 と 社会身体×世界:関連書籍 1990'BOOK
TOP HOME (http://www.arsvi.com)