HOME> BOOK >

『戦慄のシナリオ―薬害AIDS』

HIV問題取材班 19960625 オンタイムズ,237p.


このHP経由で購入すると寄付されます

■HIV問題取材班 19960625 『戦慄のシナリオ―薬害AIDS』 オンタイムズ,237p. ISBN: 4900860042 ISBN-13: 9784900860049 1325 [amazon]b d/l03 d/p

■内容(「BOOK」データベースより)
薬害AIDSの主犯は誰か。隠された衝撃の実態を重要資料と証言で検証する真相究明の第一弾。

■目次

第1章 AIDS日本上陸
不気味な一方
ボストンの友人
日本のAIDS第一号患者
八二年 伝播するウィルス
衝撃のレポート
日本のAIDS報道
七三一部隊と緑十字
日本血液製剤協会
厚生省の血液行政
安部英とミドリ十字
郡司篤晃とミドリ十字の因縁
安部英のAIDS対策
安部英の置き土産
事実を隠す
八二年末 アメリカの状況

第2章 戦慄のシナリオ
八三年−アトランタ会議
大量投与への道
『AIDS研究班』−−厚生省の認識
加熱製剤をめぐる態勢
転換
現状維持
加熱製剤への疑問
ミドリ十字の加熱製剤開発
六月三日の文書
緊急輸入発現
クリオ
『安全証明書』
帝京大症例
不可解な対策
謎の一週間
七月一一日の文書
『AIDS研究班』疑惑の決着
日本のAIDS第一号認定

第3章 原告弁護団からの報告
東京HIV訴訟原告弁護団
中間報告の補足
薬害エイズの真相究明に関する 弁護団中間報告書


UP:20080417 REV:

BOOK 
TOP HOME(http://www.arsvi.com)