HOME > BOOK >

『透析アミロイドーシス――成因・診断・治療』

斎藤 明・鈴木 正司 編 199605 日本メディカルセンター ,190p.

last update: 20140201

このHP経由で購入すると寄付されます

■斎藤 明・鈴木 正司 編 199605 『透析アミロイドーシス――成因・診断・治療』,日本メディカルセンター,190p. ISBN-10:4888750823 ISBN-13: 978-4888750820 欠品 [amazon][kinokuniya] ※ amd. n02.

■内容

(「MARC」データベースより)
わが国の透析患者は14万人を超え、その20パーセントが透析歴10年以上の患者である。透析が長期化するにつれて、合併症が患者を悩ませるようになっている。その代表的なもの、透析アミロイドーシスについて詳述した。

■目次

第1章 透析アミロイドーシスの成因(成因解明の現状と展望アミロイド構成因子 ほか)
第2章 透析アミロイドーシスの診断と臓器障害(生検による組織学的診断X線診断とCT診断 ほか)
第3章 透析アミロイドーシスの治療(血液浄化療法整形外科的治療 ほか)

■引用

■書評・紹介

■言及



*作成:矢野 亮
UP: 20140128 REV: 20140117, 0130, 0201
アミロイドーシス  ◇難病  ◇身体×世界:関連書籍  ◇BOOK
TOP HOME (http://www.arsvi.com)