HOME > BOOK >

『教育社会・巨大な知識の檻――教育なんかいらない パート4』

林 隆造 19960510 大宮書房,214p.

Tweet
last update: 20190217

このHP経由で購入すると寄付されます


■林 隆造 19960510 『教育社会・巨大な知識の檻――教育なんかいらない パート4』,大宮書房,214p.ISBN-10: 4990002970 ISBN-13: 978-4990002978 1600+ [amazon][kinokuniya] ※ e02

■内容

内容(「MARC」データベースより)
「教育の危機」が叫ばれる。そう叫ぶ人にとっては、教育は守るべき大事な何か。しかし著者に言わせれば、教育こそは支配の権化。隆正君という障害を持つ息子も20歳。その日常を描きつつ教育を考える。

■目次



■引用



■書評・紹介



■言及





*作成:安田 智博
UP: 20190217 REV:
教育|education/学校  ◇身体×世界:関連書籍  ◇BOOK
TOP HOME (http://www.arsvi.com)