HOME > BOOK >

カントと生命倫理

土山 秀夫・井上 義彦・平田 俊博 編 19960410 晃洋書房,262p.


このHP経由で購入すると寄付されます

■土山 秀夫・井上 義彦・平田 俊博 編 19960410 『カントと生命倫理』,晃洋書房,262p. 2800 ISBN-10: 4771008337 ISBN-13: 978-4771008335 [amazon] ※ be.

□Tsuchiyama, Hideo(土山 秀夫) ; Inoue, Yoshihiko(井上 義彦) ; Hirata, Toshihiro(平田 俊博) eds. 1996 Kant and Bioethics(『カントと生命倫理』), Koyo Shobo (晃洋書房), 262p. <365>※

Oguma, Seiki(小熊 勢記) 1996 "Symposium 'Kant and Bioethics': Outline of Q&A and Overall Summary"(「「シンポジウム「カントと生命倫理」――質疑・応答のあらましと全体のまとめ」), Tsuchiyama es al. eds. [1996:83-104] <366>

Tanida, Shinichi (谷田 信一) 1996 "Kant and Education of Bioethics"(「カントと生命倫理教育」), Tsuchiyama et al. eds. [1996:171-193] <366>

Tarui, Masayoshi (樽井 正義) 1996 "Who Does It Mean by Personality?: Concept of Human Being in Bioethics"(「人格とはだれのことか――生命倫理学における人間の概念」), Tsuchiyama et al. eds. [1996:49-64] <366>

Tsukazaki, Ssatoshi(塚崎 智) 1996 "The Problem of Sanctity of Life and Quality of Life: Relating Kantian Philosophy"(「生命の神聖性と生命の質の問題――カント哲学に関連づけて」), Tsuchiyama et al. eds. [1996:107-124] <365>

■広告

内容(「MARC」データベースより)
「日本カント協会第19回学会」が長崎で開催されるに際し、「カントと生命倫理」と題するシンポジウムが取り上げられた。その成果を踏まえた、示唆に富む演者発表と会員討議の内容の正式な記録。〈ソフトカバー〉

■目次

第1部 公開シンポジウム「カントと生命倫理」
 カント倫理学と生命倫理
 バイオエシックスとカント倫理学
 人格とはだれのことか
 医療における生命倫理の課題
 シンポジウム「カントと生命倫理」
第2部 カント哲学と生命倫理の諸問題
 生命の神聖性と生命の質の問題
 いのちを救うことの倫理的問題
 自由と他者
 カントと生命倫理教育
第3部 生命倫理に関する海外の研究動向と参考文献
 生命倫理をめぐるドイツの現状
 英語圏のバイオエシックスの中のカント

■書誌情報

土山 秀夫 1996 「序」
  土山・井上・平田編[1996:i-ii]
井上 義彦 1996 「カント倫理学と生命倫理――尊厳死は許容できるか」
  土山・井上・平田編[1996:003-032]
平田 俊博 1996 「バイオエシックスとカント倫理学――QOLとは何か」
  土山・井上・平田編[1996:033-047]
樽井 正義 1996 「人格とはだれのことか――生命倫理学における人間の概念」
  土山・井上・平田編[1996:049-064]
土山 秀夫 1996 「医療における生命倫理の課題」
  土山・井上・平田編[1996:065-082]
小熊 勢記 1996 「シンポジウム「カントと生命倫理」――質疑・応答のあらましと全体のまとめ」
  土山・井上・平田編[1996:083-104]
塚崎 智 1996 「生命の神聖性と生命の質の問題――カント哲学に関連づけて」
  土山・井上・平田編[1996:107-124]
新田 孝彦 1996 「いのちを救うことの倫理的問題――功利主義的道徳理論の再検討」
  土山・井上・平田編[1996:125-147] cf.功利主義
円谷 裕二 1996 「自由と他者――自殺論の観点からのカント倫理学の可能性と限界」
  土山・井上・平田編[1996:149-169]
谷田 信一 1996 「カントと生命倫理教育」
  土山・井上・平田編[1996:171-193]
河村 克俊 1996 「生命倫理をめぐるドイツの現状――シンガー事件とドイツの哲学界」
  土山・井上・平田編[1996:197-228]
蔵田 伸雄 1996 「英語圏のバイオエシックスの中のカント――英語圏の研究動向」
  土山・井上・平田編[1996:229-260]

■言及

◆立岩 真也 2013/05/20 『私的所有論 第2版』,生活書院・文庫版,973p. ISBN-10: 4865000062 ISBN-13: 978-4865000061 1800+ [amazon][kinokuniya] ※

◆立岩 真也 1997/09/05 『私的所有論』,勁草書房,445+66p. ISBN-10: 4326601175 ISBN-13: 978-4326601172 6300 [amazon][kinokuniya] ※


UP: REV:20090111
カント  ◇生命倫理[学] (bioethics)  ◇身体×世界:関連書籍  ◇BOOK
TOP HOME(http://www.arsvi.com)