HOME > BOOK >

『診療報酬の歴史』

青柳 精一 19960210 思文閣出版,640p.


このHP経由で購入すると寄付されます

■青柳 精一 19960210 『診療報酬の歴史』,思文閣出版,640p.
ISBN-10: 4784208968 ISBN-13: 978-4784208968  15120  [Amazon] ※

■内容(「BOOK」データベースより)
本書は診療報酬、つまり医療費または医療料金がその昔から昭和のはじめ頃までに、どのように変遷したかの歴史を記述したものです。

内容(「MARC」データベースより)
診療報酬つまり医療費が、その昔から昭和初期までにどのように変遷したかを記述した書。メソポタミアなど古代国家、中世のアジア・欧州、徳川幕府下、そして明治期以後の日本。診療報酬を切り口としたユニークな医療史。


■目次
古代の国ぐにの医事制度
中世各国の医事制度
武家の時代と僧医の活躍
近世初期の欧州の医療事情
江戸時代の医事と報酬
幕末を彩った二人の巨帥
江戸期にみる二つの養生所
維新直後にみる医療政策
明治初期の病院と入院料
医療費公定化のモデル
明治後期の医療料金
規約づくりと明治医会の報酬案
医療をめぐる世相
医師社会にはびこる病弊
済生会と実費診療所
実費診療所と医師会の抗争
大正初期の医療料金
大正期における医界の動き
医料規約の法的拘束力
大正中・後期の診療料金
健保法と医師会
医療の社会化
不況の到来と医界の動向
過怠金請求をめぐる裁判<


*作成:横田陽子
UP:20080616 REV: 20081204
医学史・医療史  ◇身体×世界:関連書籍 1990'  ◇BOOK 
 
TOP HOME(http://www.arsvi.com)