HOME > BOOK >

『「障害」と民族のはざまで――在日朝鮮・韓国人聴覚「障害者」のあゆみ』

飯沼 二郎・藤林 晋一郎 編 19941225 解放出版社 p214

Tweet
last update:20180416

このHP経由で購入すると寄付されます


■飯沼 二郎・藤林 晋一郎 編 19941225 『「障害」と民族のはざまで――在日朝鮮・韓国人聴覚「障害者」のあゆみ』, 解放出版社 p214.ISBN-10: 4759262075 ISBN-13: 978-4759262070 2060 [amazon] ※ ds/ds, h02

■内容

(「MARC」データベースより)
在日朝鮮・韓国人障害者の人権を考える本。障害者のインタビュー、結婚差別に関する論文、関連資料などを収録。

■目次

はじめに
T 私の半生
 ろう学校の中でいじめられて
 クズ鉄回収の仕事で生活を支える
 機織職人として生きる
 日本へ来て四七年
 はたらきづめの子ども時代
 民族学校へ行きたかった
 日本人にだまされて

U 「障害者」のなかの民族差別
 一 在日朝鮮・韓国人「障害者」と人権
 二 「障害者」のなかの民族差別――結婚差別訴訟の意見書より

V 在日朝鮮人「障害者」問題概説
 はじめに
 その1 生活・教育・福祉面から論及する
 その2 法制面から論及する
 おわりに――その1、その2のまとめにかえて


*作成:鹿島萌子
UP:20080625 REV: 20180416
障害学(Disability Studies)  ◇聴覚障害・ろう(聾)身体×世界:関連書籍  ◇BOOK
TOP HOME (http://www.arsvi.com)