HOME > BOOK >

『知行とともに――ダウン症児の父親の記』

徳田 茂 19941110 川島書店,268p.

Tweet
last update:20170415

このHP経由で購入すると寄付されます


■徳田 茂 19941110 『知行とともに――ダウン症児の父親の記』,川島書店,268p. ISBN-10:4761005424 ISBN-13:978-4761005429 2136+ [amazon][kinokuniya] ※ dwn

■内容

[amazon]より

内容(「BOOK」データベースより)
本書は、ダウン症のわが子とともに歩んできた父親が、二十年の歳月のなかで体験したさまざまなできごとをとおして、自分をみつめ、「障害」児とともに生きることのおもしろさと大切さをつづった感動の記録である。

内容(「MARC」データベースより)
知行には知行のペースがあり、感じ方がある。知行は、知行なのだ…。ダウン症のわが子とともに歩んできた父親が、20年の歳月の中で体験したことを通して、自分を見つめ、障害児とともに生きることのおもしろさと大切さを綴った感動の記録。

■目次

1 幼い頃の日々
2 保育所へ通いながらの日々
3 地域の小学校へつなげる
4 新しい世界に入って
5 のんびりゆったり心たのしい生活者
6 日々はチェッカーズの歌声にのって―知行の中学校時代
7 ゆったりとした日々
8 ともに生きるものとして―二十年をふり返りつつ

■引用

■書評・紹介

■言及



*作成:岩ア 弘泰
UP:20170415 REV:
ダウン症 身体×世界:関連書籍  ◇BOOK
TOP HOME (http://www.arsvi.com)