HOME > BOOK >

『フーコー・コレクション 5 性・真理』

Foucault,Michel 1994 Dits et écrits 1954-1988,Edition établie sous la direction de Daniel Defert et Francois Ewald, Gallimard.
=20060906 小林 康夫・石田 英敬・松浦 寿輝 訳,筑摩書房,457p.

last update:20100428

このHP経由で購入すると寄付されます

Foucault,Michel 1994 Dits et écrits 1954-1988,Edition établie sous la direction de Daniel Defert et Francois Ewald, Gallimard,Bibliothèque des sciences humaines,4 volumes.
=19981110-20020325 蓮實 重彦・渡辺 守章 監修,小林 康夫・石田 英敬・松浦 寿輝 編 『ミシェル・フーコー思考集成T-]』,筑摩書房
=20060906 小林 康夫・石田 英敬・松浦 寿輝 編 『フーコー・コレクション 5 性・真理』,筑摩書房,457p. ISBN-10:4480089950 ISBN-13:9784480089953 \1470 [amazon]

■内容(「BOOK」データベースより)
「性こそが、人間の深遠な真理を読み取れる特別な場所である」と見なされるようになったのは、どのようにしてか。長い空白期間を挟みつつ、死を目前に3巻まで刊行された『性の歴史』。この長大な仕事を通してフーコーは、私秘的な領域への権力介入を分析し、欲望的主体の系譜を遡って“生の技法”を浮かび上がらせるに至る。第5巻「性・真理」は、未刊行の巻も含めた『性の歴史』への序文、真理をめぐる駆け引きに覆い隠されてしまった“自分自身への配慮”を探る論考「自己への技法」などを収録し、フーコーの後期問題系への展開を通覧する。

■編者紹介

小林 康夫 1950年生まれ。東京大学教授
石田 英敬 1953年生まれ。東京大学教授
松浦 寿輝 1954年生まれ。東京大学教授


■目次

性現象と真理
身体をつらぬく権力
性の王権に抗して
世界認識の方法―マルクス主義をどう始末するか
性現象と孤独
性の選択、性の行為
倫理の系譜学について―進行中の仕事の概要
快楽の用法と自己の技法
『性の歴史』への序文
自由の実践としての自己への配慮
生存の美学
自己の技法
個人の政治テクノロジー
解説:石田英敬

■引用

■書評・紹介

■言及


*作成:箱田 徹
UP: 20100428
BOOK
TOP HOME (http://www.arsvi.com)