HOME > BOOK >

『西洋近代思想史(上)‐19世紀の思想のうごき‐』

Mead, Goerge Herbert 1936 Movements of Thought in the Nineteenth Century,University of Chicago
=19940410 魚津 郁夫・小柳 正弘,講談社,395p.


last update:20100819
このHP経由で購入すると寄付されます

■Mead, Goerge Herber 1936 Movements of Thought in the Nineteenth Century,University of Chicago=19940410 魚津 郁夫・小柳 正弘 『西洋近代思想史(上)‐19世紀の思想のうごき‐』,講談社,395p. ISBN-10:4061591231 ISBN-13:9784061591233 \1020 [amazon][kinokuniya] ※

■内容

出版社/著者からの内容紹介
20世紀のアメリカを代表する哲学「プラグマティズム」の立場にたつ思想家G・H・ミード。彼はとくに、その独創的な自我論やコミュニケイション論などによって、哲学はもとより、心理学や社会学の領域においてもひろく知られてきた。ルネサンスからカントやヘーゲル、さらにマルクスに至る「19世紀の思想のうごき」を、科学的探究を基層に捉えて斬新に展開した。待望の新訳、文庫オリジナル。

内容(「BOOK」データベースより)
二十世紀のアメリカを代表する哲学「プラグマティズム」の立場にたつ思想家G.H.ミード。彼はとくに、その独想的な自我論やコミュニケイション論などによって、哲学はもとより、心理学や社会学の領域においてもひろく知られてきた。ルネサンスからカントやヘーゲル、さらにマルクスに至る「十九世紀の思想のうごき」を、科学的探究を基層に据えて斬新に展開した。

著者紹介
【ジョージ・ハーバート・ミード】
1863年米国マサチューセッツ州に生まれる。W.ジェイムズ、J.デューイなどとともに「プラグマティズム」を代表する哲学者、社会心理学者。彼の立場は、特に「社会的行動主義」ともいわれる。シカゴ大学教授。1931年没。
【魚津郁夫】
1931年和歌山県に生まれる。東京大学文学部哲学科卒業。東京大学大学院中退。哲学専攻。現在熊本大学名誉教授。編著に『デューイ』。
【小柳正弘】
1962年佐賀県に生まれる。熊本大学大学院中退。哲学専攻。八代工業高等専門学校講師。

■目次

訳者まえがき
まえがき
序文

第1章 ルネサンスから革命へ
第2章 カント‐革命の哲学者
第3章 革命の挫折とロマン主義の誕生
第4章 カントとロマン主義哲学の背景
第5章 ロマン主義の哲学者‐フィヒテ
第6章 ロマン主義の哲学者‐シェリング
第7章 ロマン主義の哲学者‐ヘーゲル
第8章 「進化」が一般概念となる
第9章 産業革命‐市場の追求
第10章 社会的ルネサンス‐功利主義
第11章 社会的ルネサンス‐カール・マルクスと社会主義

■引用

■書評・紹介

■言及



*作成:樋口也寸志 
UP:20100819 REV:
身体×世界:関連書籍  ◇BOOK 
 
TOP HOME (http://www.arsvi.com)