HOME > BOOK >

『人類にとってエイズとは何か』

広瀬 弘忠 19940420 日本放送出版協会(NHKブックス692),248p.

Tweet
last update:20151130

このHP経由で購入すると寄付されます


広瀬 弘忠 19940420 『人類にとってエイズとは何か』,日本放送出版協会(NHKブックス692),248p.  ISBN-10: 4140016922 ISBN-13: 978-4140016923 864+税  [amazon][kinokuniya]

■内容

今日、科学による解明が進む一方、社会的なエイズへの取り組みが問われている。 戦乱や貧困、麻薬・売春などによって助長されるウイルス感染と人類はどのように向き合い、克服していかなければならないのか。 はからずも浮き彫りにされた「生と死」の問題を背負いながら、エイズ問題と対峙する現代社会の実相を最新データとともに映し出す。 医師、患者、市民のリスク・マネジメントを通して、現代社会の深層を探る。

■目次

はじめに

第I章 なぜエイズが流行するのか
1 エイズとの接点
2 新しくて古い病気

第II章 せめぎ合うエイズと社会
1 戦争とエイズ
2 貧困とエイズ
3 麻薬と売春の結婚

第III章 先進諸国のエイズ流行――米・欧・日の過去・現在・未来
1 ヒトと社会とエイズ
2 アメリカのエイズ流行
3 ヨーロッパのエイズ流行
4 日本のエイズ流行
5 だが油断は禁物

第IV章 死を管理する患者たち
1 死のルネッサンス
2 死に親しむ社会

第V章 エイズ医療の責任とリスク
1 職業的感染を恐れる医療現場
2 日本の医師と看護婦はエイズ医療をどうみているか
3 本音を語る医師と看護婦
4 職業的感染の犠牲者たち
5 訴えられるエイズウイルス感染者たち

第VI章 弾劾する患者たち
1 アッカー歯科医とキムバリー・バーガリス
2 混乱する医療従事者
3 疑心暗鬼の患者たち
4 感染した医師の医療行為をどこまで認めるか

第VII章 未知との遭遇・旧知との邂逅
1 ナバホインディアンのパニック
2 ナチュラリストの落ちたワナ

引用文献
索引

■引用

■書評・紹介

■言及



*作成:北村 健太郎
UP:20151130 REV:
HIV/AIDS  ◇貧困  ◇医療人類学  ◇身体×世界:関連書籍  ◇BOOK
TOP HOME (http://www.arsvi.com)