HOME > BOOK >

『異邦の身体』

Lingis, Alphonso 1994 Foreign Bodies,Routledge,239Pages.
=20050820 松本 潤一郎・笹田 恭史・杉本 隆久 訳,河出書房新社,320p.

last update:20150610

Tweet

このHP経由で購入すると寄付されます


■Lingis, Alphonso 1994 Foreign Bodies,Routledge,239Pages. =20050820 松本 潤一郎・笹田 恭史・杉本 隆久 訳 『異邦の身体』,河出書房新社,320p. ISBN-10:4309243479 ISBN-13:978-4309243474 欠品 [amazon][kinokuniya] ※ p

■内容

同時代の思想家たちを横断しながら、多様な方法によって切り開く身体論の異邦な展望。

■目次

序文
第1部 身体の力
 1 能力をもつ身体
 2 蘭と筋肉
 3 私たち自身のものである身体
第2部 快感と苦痛
 4 身体の隷属化
 5 照応への強要
 6 私たち自身のものである異他なる感覚
第3部 リビドー経済
 7 厄介な貨幣
 8 流動体経済
 9 私たち自身のものである奇怪な欲望
第4部 命法的身体
 10 命法的諸表面
 11 エレメンタルな身体
 12 異邦の身体

■引用

■書評・紹介

■言及



*作成:安田 智博
UP: 20150610 REV:
哲学 身体×世界:関連書籍  ◇BOOK
TOP HOME (http://www.arsvi.com)