HOME > BOOK >

『教育関係法規概論 解説』

五十嵐 良雄 19930401 現代書館,224p.

last update:20110607

このHP経由で購入すると寄付されます

■五十嵐 良雄 19930401 『教育関係法規概論 解説』,現代書館,224p. ISBN-10:4768433839 ISBN-13:978-4768433836 \3000 [amazon][kinokuniya] ※ e02 e19

■内容

■目次

まえがき

序章
 (一)本書を眼にする前に――その意図と内容
 (二)教育関係法規の勉強を深めるために――『教育小六法』と「学習指導要領」を手元に
 (三)教員採用試験のための法規――教育委員会側が重視するところ
 (四)専門学校を『学校教育法』から眺めて――法律上、そういう学校は存在しない
 (五)週五日制学校教育の法律上の問題――前提となる法規改正なくしては
 〈資料〉専修学校制度の概要図

第T部 現代の日本の教育法規体制
 (一)戦前教育と戦後教育の違い――教育法規の問題として
 (二)成文法としての教育法規――教育における法治国家問題として
 (三)日本の法体制の基本形態――法治国家の図式として
 (四)日本の教育法規の詳細――教育関係法の解説として
 (五)教育関係法規の体系――図式的な説明として
 (六)教育法体制の総括――その歴史と現在
 〈付論〉教員採用の実態とその問題点

第U部 日本の戦後教育の原則
 はじめに――解説に代えて
 日本国憲法(抄)
 憲法前文の「英文」
 教育基本法
 基本法前文の「英文」
 児童憲章
 学校教育法(抄)
 学校教育法施行規則(抄)
 第一次米国対日教育使節団報告書(抄)
 ポツダム宣言
 〈付録〉講義の概要と講義のポイント
 〈資料〉戦後教育の原則に関する文部省の「英文」

第V部 日本の戦前教育の原則
 はじめに――解説に代えて
 学制序文(学業奨励に関する被仰出書)
 教学大旨
 教育ニ関スル勅語(教育勅語)
 教育に関する勅語の全文通釈
 青少年学徒ニ賜リタル勅語
 教育勅語等排除に関する決議
 教育勅語等の失効確認に関する決議

第W部 教育と子どもに関する国際的な原理原則
 はじめに――解説に代えて
 子どもの権利に関する条約(子どもの権利条約)
 児童権利宣言(国連子どもの権利宣言)
 世界人権宣言
 学習権
 障害者の権利に関する宣言
 教員の地位に関する勧告

第X部 学習指導要領と教育委員会の問題を中心に――わが青春期の論文と論稿のなかから
 はじめに――解説に代えて
 〈研究論文〉戦後文教政策と教育過程行政の変遷過程――
 〈資料〉『学習指導要領一般編』(試案)
 〈付論〉その(一)教育委員会は、これでいいのか――教育をわたしたちの手に
  〈資料〉教育委員会法
 〈付論〉その(二)戦後教育反動化の過程――占領政策の転換を中心にして

〈資料的付録〉
 (一)戦後六三制教育体制下の学校制度図
 (二)現在の学校制度図
 (三)現在の中央教育行政機構=文部省機構図
 (四)戦後教育の崩壊過程年表

あとがき

■引用

■書評・紹介

■言及



*作成:樋口 也寸志
UP:20110607 REV:
教育/フリースクール ◇障害者と教育身体×世界:関連書籍 1990'  ◇BOOK
TOP HOME (http://www.arsvi.com)