HOME > BOOK >

『ベンサムという男――法と欲望のかたち』

土屋 恵一郎 19930222 青土社,406p.


このHP経由で購入すると寄付されます

■土屋 恵一郎 19930222  『ベンサムという男――法と欲望のかたち』,青土社,406p. ISBN-10: 4791752333 ISBN-13: 978-4791752331 [amazon][kinokuniya] ※

■広告

(「BOOK」データベースより) 功利主義の始祖、一望観視装置・パノプチコンの発案者にして同性愛の果敢な擁護者、そしてイギリス法改革運動の先鋒…。〈最大多数の最大幸福〉を唱え、快感の布置によって社会のネットワークを組み変えようとした過激な法思想家、ジェレミー・ベンサム氏の思想とプライヴァシー。

■目次

ワレ、発見セリ 1769年・夏
パノプチコン・ハーレム
暴露する「父」
迷子のように
建築についてのディグレッション
ゴシックの城
キューバのパノプチコン
貴族の館
様々な分身
夏の訪問者たち
1781年・夏の終わり
功利主義者の社会イメージ
英語による最初の同性愛擁護論
ロシアン・コネクション
ミタウのアダージョ
ロシア到着
シベリアからの手紙
宮廷恋愛
クリチェフの連続体
経済学と性の言説
イギリスに帰りて
田園生活者のフランス革命
いいだしかねて
法建築学
1800年



■土屋 恵一郎 20120111 『怪物ベンサム――快楽主義者の予言した社会』,講談社学術文庫,400p. ISBN-10: 4062920921 ISBN-13: 978-4062920926 1200+ [amazon][kinokuniya] ※

■広告

内容説明
献体第一号、同性愛・高利の擁護、冷蔵庫開発……。パノプチコンを創案した功利主義者というイメージをを超えて、奇人の全体像に迫る
内容(「BOOK」データベースより)
功利主義者、パノプチコン創案者。近代批判の中で忘却されたベンサム。しかし、この怪物の構想は現代にも生きている。死刑廃止、動物愛護、都市衛生、同性愛擁護、さらにはチューブによる社会通話システム、冷蔵庫…。人間を快感と欲望の中に配置し、自我の解体をも試みた男。一九世紀最大の奇人啓蒙思想家の社会設計図を解読し、その背景を解明する。
商品の説明をすべて表示する

目次

第1部 愛と欲望の監視建築
 パノプチコン・ハーレム
 暴露する「父」
第2部 不条理な世界に抗する
 迷子のように
 建築についての余録
 ゴシックの城
 キューバのパノプチコン
第3部 「改革」の世紀=一八世紀
 貴族の館
 様々な分身
 一七八一年・夏の終わり
 功利主義者の社会イメージ
 英語による最初の同性愛擁護論
第4部 ロシアという経験
 ロシアン・コネクション
 ミタウのアダージョ
 ロシア到着
 シベリアからの手紙
 宮廷恋愛
 クリチェフの連続体
 経済学と性の言説
第5部 社会工学技師
 イギリスに帰りて
 田園生活者のフランス革命
 いいだしかねて
 法建築学

■書評・紹介・言及

◆立岩 真也 2013 『私的所有論 第2版』,生活書院・文庫版


UP:20130223 REV:
BOOK
TOP HOME (http://www.arsvi.com)