HOME > BOOK >

『驚異の脳内薬品―鬱に勝つ「超」特効薬』

Kramer, Peter D. 1993
Listening to Prozac: A Psychiatrist Explores Antidepressant Drugs and the Remaking of the Self
=19970630 堀 たほ子 訳, 渋谷 直樹 監修,同朋舎, 333p. 



■Kramer, Peter D. 1993 Listening to Prozac: A Psychiatrist Explores Antidepressant Drugs and the Remaking of the Self
=19970630 谷垣 暁美 訳, 田島 治 監修,『驚異の脳内薬品―鬱に勝つ「超」特効薬』同朋舎,333p. ISBN-10:4622071495 ISBN-13: 978-4622071495  [amazon]


■内容(「BOOK」データベースより)
欧米で2,000万人が服用するプロザック。毎日1カプセルで性格が変わる!?本書は、「プロザック」のような薬の使用について、倫理的な面や社会的な面から問題提起を行なった話題の書です。

内容(「MARC」データベースより)
欧米で2千万人の人が服用するというプロザックは、朝食後1カプセル飲むだけで、うつ病の人たちの性格が変わるともてはやされている。この薬の使用について倫理的な面や社会的な面から問題提起。正しい社会のあり方を考える。

■目次
1章 別人のようになったテス
2章 強迫性障害
3章 プロザックはいかにして開発されたか
4章 傷つきやすい人々
5章 ストレスに対する反応
6章 リスクとストレス
7章 カプセルのなかのメッセージ


*作成:横田陽子
UP:20080806 REV:20081102
薬/薬害  ◇精神障害/精神医療  ◇身体×世界:関連書籍  ◇BOOK
TOP HOME (http://www.arsvi.com)