HOME > BOOK >

『倫理は自然の中に根拠をもつか』

Kirsch, Marc ed. 1993 Fondements naturels de l'éthique,Éditions Odile Jacob
=19950830 松浦 俊輔,産業図書,387p.

last update:20110620

このHP経由で購入すると寄付されます

■Kirsch, Marc ed. 1993 Fondements naturels de l'éthique,Éditions Odile Jacob =19950830 松浦 俊輔 『倫理は自然の中に根拠をもつか』,産業図書,387p. ISBN-10:4782800959 ISBN-13:978-4782800959 \3780 [amazon][kinokuniya] ※ p n02

■内容

内容(「MARC」データベースより)
倫理の規範は何にもとづいているのか。「ニューロン人間」の著者シャンジューの企画で開催されたシンポジウムをもとに編集。哲学者、法学者、人類学者、神経生物学者が集まり、最新の研究成果をもとに、人間の行動を省察する。

■目次

序文
序論

第T部 倫理と進化
 進化論的倫理の擁護
 道徳性と人間の進化
 行動の規則と進化の行動
 欲求としての倫理

第U部 倫理、神経科学、心理学
 社会的慣習と倫理の自然的基盤の理解――神経のデータ
 幼児における道徳的「知識」
 レイプ後の心理的傷の性質と、いくつかの倫理的な意味

第V部 倫理と社会
 生物学的規範性と社会的規範性
 自然主義的倫理と集団の対立制御
 理論的推論に関する集団の対立制御
 理論的推論に関する実践的推論についてのいくつかの理論的推論
 子供における社会的推論の性質と基盤
 道徳的相対主義についての人類学的見解

訳者あとがき

■引用

■書評・紹介

■言及



*作成:樋口 也寸志
UP:20110620 REV:
哲学/政治哲学(political philosophy)/倫理学 ◇難病/神経難病/特定疾患身体×世界:関連書籍 1990'  ◇BOOK
TOP HOME (http://www.arsvi.com)