HOME > BOOK >

『フィールドワーク――書を持って街へ出よう』

佐藤 郁哉 19920921 新曜社,234p.

last update: 20111106

このHP経由で購入すると寄付されます

■佐藤 郁哉 19920921 『フィールドワーク――書を持って街へ出よう』,新曜社,234p. ISBN-10: 4788504286 ISBN-13: 978-4788504288 \1854  [amazon][kinokuniya]
→20061220 『フィールドワーク――書を持って街へ出よう(増訂版)』,新曜社,313p. ISBN-10:4788510308 ISBN-13: 978-4788510302 \2310  [amazon][kinokuniya]

■内容

内容(「BOOK」データベースより)
ざわめく街の死角へ、異文化の深みへと潜入し、文化という複雑な現象を、その生成の場から解きほぐす、“技”としてのフィールドワーク。その背景にある考え方から、方法・技法・情報整理のツールまで、魅惑的なキーワードで生き生きと説く。

■目次

はじめに フィールドワークに向く人、向かない人
1 フィールドワークとは何か?
2 フィールドワークの論理
3 フィールドワークの実際
4 ハードウェアとソフトウェア

■引用

■書評・紹介

■言及



*作成:八木 慎一
UP: 20111106 REV:
身体×世界:関連書籍  ◇BOOK
TOP HOME (http://www.arsvi.com)