HOME > BOOK >

『記録・天皇の死』

栗原彬・杉山光信・吉見俊哉 編 19920325  筑摩書房 ,386p.

last update:20101005

このHP経由で購入すると寄付されます

栗原彬・杉山光信・吉見俊哉 編 19920325 『記録・天皇の死』 筑摩書房 ,386p. ISBN:4480856099 [amazon][kinokuniya] ※ **

■内容

〈自粛〉という天皇制をめぐる空洞化現象、戦争体験をもつ人びとの天皇観、若い世代のイヴェント的受容、世界各国の反響―。
 〈天皇の死〉をめぐる人びとの心性と表情を多面的に分析。昭和天皇の発病から大喪の礼まで―。昭和の終焉の時代精神を正確に記録。〈天皇の死〉という裂け目から日本をみる。

■目次

 1 まなざしの交響―1月7日をめぐる風景写真のイコノロジー
 2 〈天皇の死〉と記帳する人びと
 3 〈天皇の死〉・国内の風景
 4 〈天皇の死〉・外国の報道
 5 現代保守主義と天皇制

■引用

■書評・紹介

■言及



UP: 20100105 REV:
身体×世界:関連書籍  ◇BOOK
TOP HOME (http://www.arsvi.com)