HOME> BOOK >

『民族という名の宗教―人をまとめる原理・排除する原理』

なだ いなだ 19920121 岩波書店,208p.


このHP経由で購入していただけたら感謝

■なだ いなだ 19920121 『民族という名の宗教―人をまとめる原理・排除する原理』,岩波書店,208p.  ISBN-10: 4004302048 756円 [amazon]



■出版社/著者からの内容紹介
内容(「BOOK」データベースより)
 世界を激しくひき裂き対立させる民族主義。どうそれを超えるかに21世紀の平和はかかっている。こうした問題意識から著者は民族主義を「国家の宗教」であると把え、その克服の道をさぐる。対話形式によるねばり強い思考実験の後にほの見えてくるのは、創造的・批判的精神としての社会主義の復権である。『権威と権力』の姉妹篇。

■目次

 第1章 人間は集団を武器とした
 第2章 血の信仰
 第3章 部族から帝国へ血から言葉へ
 第4章 イデオロギー
 第5章 国民と民族
 第6章 国の中の少数派
 第7章 「同じ」意識
 第8章 理性的批判主義


■紹介・引用


■書評・言及




*作成:西嶋 一泰
UP:20120130 REV:200*****
BOOK
TOP HOME (http://www.arsvi.com)