HOME > BOOK >

『医療改革と企業化―日本医療の構造分析』

川上 武・小坂 富美子 著 19911120 勁草書房, 265p.

last update:20100909

このHP経由で購入すると寄付されます

川上 武・小坂 富美子 著 19911120 『医療改革と企業化―日本医療の構造分析』勁草書房, 265p.[amazon][kinokuniya] ※)

■内容

医療の非営利性・公共性の理念・原則を根底から揺り動かす〈企業化〉が進行している。
それは21世紀の医療・福祉、社会のあるべき方向を決決する上に、如何なる意味をもっているのか。

■目次

第1章 21世紀の日本の選択と医療
第2章 医療改革と〈企業化〉の進行
第3章 医療関連ビジネスの拡大
第4章 病院チェーンと医療〈企業化〉
第5章 開業医の将来と〈企業化〉の可能性
第6章 医療思想の転換と国土再生
補論(医療改革と産業連関分析;医療の国民最適基準を考えるにあたって)

■引用

■書評・紹介

■言及



UP:20100909 REV:
身体×世界:関連書籍  ◇BOOK
TOP HOME (http://www.arsvi.com)