HOME > BOOK >

『死生学とはなにか』

平山 正実 19911120 日本評論社,335p.


このHP経由で購入すると寄付されます

■平山 正実 19911120 『死生学とはなにか』,日本評論社,335p. ISBN:9784535981157 (4535981159) 4893 [amazon][kinokuniya] ※ d01.et-t.

■目次

第1章 死の精神病理
 悲嘆の構造とその病理
 臨死患者の精神病理
 神経症者の死の意識)
第2章 人間のライフ・サイクルにおける危機と自殺
 少年期の危機と自殺
 思春期危機と自殺
 成人〈中・高年〉期危機と自殺
 病む人の精神的危機
 分裂病と自殺;自殺予防
第3章 ターミナル・ケアと家族への援助
 精神的ケアのあり方
 在宅医療の可能性
 未期がん感者の在宅医療
 ターミナル・ケアと家族
 死別後の家族への援助
第4章 日本人の死生観
 日本人の死生観とターミナル・ケアの展望
 離別体験の人間学的意味
 生と死を考える
第5章 デス・エデュケーション
 生と死の教育―生涯教育の中で
 医療者のためのデス・エデュケーション
 看護者のためのデス・エデュケーション
 ターミナル・ケアにおける態度変容
終章 現代日本における光と影

■言及

◆立岩 真也 2008 『…』,筑摩書房 文献表


UP:20080202
  ◇死生学  ◇身体×世界:関連書籍  ◇BOOK
TOP HOME (http://www.arsvi.com)