HOME > BOOK >

『事実婚を考える――もう一つの選択』

二宮 周平 19910527 日本評論社,200p.

Tweet
last update:20170130

このHP経由で購入すると寄付されます


■二宮 周平 19910527 『事実婚を考える――もう一つの選択』,日本評論社,200p. ISBN-10:4535579423 ISBN-13:978-4535579422 1,456+ [amazon][kinokuniya]

■内容

(「MARC」データベースより)
 自分たちの主体的な意志で婚姻の届出をしないカップルの関係を"事実婚"と呼ぶことが多くなっている。事実婚カップルの意識と実態、事実婚の生活保障などを明らかにしながら、婚姻制度がもつ意義を問い直す。

■目次

1 届出をしない愛の形
 事実婚カップルの意識と実態
 「内縁」から「事実婚」へ
 変わる社会意識
2 ライフスタイルとしての事実婚
 法律婚と事実婚の接近
 欧米における事実婚の法的取扱い
 同性愛カップルの認知
3 事実婚の生活保障
 生活保障のあり方
 具体的な生活保障
 利害対立の調整
おわりに―多様な生き方を保障する社会的条件について
付録 事実婚契約書の例

■引用

■書評・紹介

■言及



*作成:竹川 慎吾 更新:焦 岩
UP:20101104 REV:20170130
身体×世界:関連書籍  ◇BOOK
TOP HOME (http://www.arsvi.com)