HOME> BOOK >

『超高齢社会の福祉』

高島 進 19901214 大月書店,177p. 1340


このHP経由で購入すると寄付されます

■高島 進 19901214 『超高齢社会の福祉』,大月書店,177p.
  ISBN:4272401467 ISBN-13: 978-4272401468 1340 [amazon] a06

■内容(「BOOK」データベースより)
「老後は家族と一緒に」という願いが根強くある。しかし、農村社会にかわって都市型生活が主流となり、早晩世界一の超高齢社会に突入する日本では、もはや老後の面倒を家族の善意に頼ることは不可能だ。本書は、福祉先進国スウェーデン、民営化の嵐ふくイギリス、福祉の商品化をおしすすめたアメリカの3国の実情をふまえ、21世紀日本における福祉の展望を探る。

■目次

 まえがき

 T 「高齢化社会危機」論と高齢者の生活の危機
   一 福祉と人権 / 二 高齢化社会と老後不安の広がり / 三 「高齢化社会危機」論と福祉切り捨て
   四 保健福祉十ヵ年戦略 / 五 根強い家族扶養期待とノーマライゼイション

 先進資本主義国における老人福祉

 U スウェーデンの老人福祉
    ――ノーマライゼイションの理念と実践――
   一 福祉国家を支える条件 / 二 スウェーデンの地域福祉 / 三 家族と福祉
   四 行動する老人たち / 五 在宅ケアをささえる医療、住宅、年金

 V イギリスの老人福祉
    ――福祉の蓄積とプライヴァタイゼイション――
   一 重視される在宅ケア / 二 貧困層の社会保障の改悪 / 三 住宅のプライヴァタイゼイション
   四 国民保健サービスの現状 / 五 バターより大砲

 W アメリカ合衆国の老人福祉
    ――企業民活型サービスのもたらすもの――
   一 深刻な失業と貧困 / 二 アメリカの福祉制度の歴史的特徴 / 三 社会保障・社会福祉の特徴
   四 社会福祉サービス / 五 最も深刻な老人の長期医療ケア

 日本の現実

 X 家族扶養の行きづまり
   一 人口の高齢化 / 二 高度経済成長のもたらしたもの / 三 同居の困難
   四 困難になる家族の介護 / 五 高齢者の生活と格差

 Y 高齢者が人間らしく生きる条件
   一 収入は――年金と生活保護―― / 二 高齢者の働き口は
   三 老人が病気になったら――医療保障―― / 四 住宅保障の貧困
   五 立ち遅れる社会福祉サービス
     1 「生きがい」保障
     2 寝たきりになったら――在宅福祉・医療
     3 施設にはいる場合
   六 政府のえがく九〇年代の福祉
      ――「今後の社会福祉のあり方について」――

 二一世紀への展望

 Z 福祉の歴史と原則
   一 福祉の三つの発展段階 / 二 民主主義的権利としての福祉
   三 福祉政策のたてまえと現実 / 四 福祉は経済危機の原因ではない

 [ 共同を基礎とする福祉


UP:20080208 REV:

老い  ◇身体×世界:関連書籍  ◇BOOK
TOP HOME (http://www.arsvi.com)