HOME > BOOK >

『社会福祉から地域社会づくりへ』

大谷 強 19890120 現代書館,205p.

last update:20110424

このHP経由で購入すると寄付されます

大谷 強 19890120 『社会福祉から地域社会づくりへ』,現代書館,205p. ISBN-10:4768433677 ISBN-13:978-4768433676 \3150 [amazon][kinokuniya] ※ sw1chn 0003ot

■内容

■目次


まえがき

第一章 社会保険の変質と自治の建設
 1 変わりつつある社会保険の概念
 2 民間保険の社会保障への侵食
 3 社会福祉における民間活力の促進
 4 あらわになった現行社会保険制度の欠陥点
 5 求められる社会保障の総合化
 6 自治と福祉社会の建設に向かって

第二章 地域の時代における福祉改革
 1 後戻りのない在宅福祉の政策化
 2 生活水準の低下をもたらす施設基準の改訂
 3 ノーマライゼーション理念と対象から主体への変革
 4 地域社会における福祉事務所の位置づけの変化
 5 保健・福祉のネットワークづくり

第三章 「適正化」政策のもとでの生活保護行政
 1 矛盾の制度としての生活保護
 2 行革のもとで「適正化」がもたらした問題点
 3 生活保護をめぐる住民と福祉労働者

第四章 社会保障予算にみる福祉政策の変化
 1 増加から停滞に転じた社会保障予算
 2 国家負担金の削減による福祉予算の制約
 3 民間企業の技術に依存する予算案
 4 地域福祉に対するわずから予算の増額
 5 入所者と地域との流動化政策
 6 医療費を抑える在宅医療政策に力点
 7 重視される身体・精神の健康づくり政策
 8 衛生法から保険法に変わった精神障害者対策費
 9 増加から圧縮への施設予算と費用徴収の一般化
 10 福祉のまちづくり政策に対する予算

第五章 障害者主体の政策確立
 1 問い直されるこれまでの概念
 2 主要な法律改正と問題点
 3 八〇年代後半の経済政策と障害者政策の構造
 4 障害者を主体にした総合政策の確立

第六章 障害者雇用促進法の改正と働く場の保障
 1 改正にいたる経過
 2 新しい法律の内容と問題点
 3 雇用率の引き上げと障害者雇用の実態とのギャップ
 4 障害者が働く多様な場に対する政策

第七章 まちづくりと自治体労働者の任務
 1 市民不在のまちづくりに対する反省
 2 市民のまちづくりの登場
 3 まちづくりにおける自治体労働者の課題

第八章 自治体福祉行政の変遷と現段階の課題
 1 団体委任事務への移行
 2 七〇年前後における自治体福祉政策の問題点
 3 条例化と市民自治の福祉行政への展望

第九章 地方自治における保健所の役割
 1 国家的要請に従った保健所の位置づけ
 2 健康に対する危機感と健康づくり対策
 3 健康診断業務に潜んでいる問題点
 4 多様な主体による保健活動の活発化
 5 自治的な健康活動に対する保健所の役割

あとがき

■引用

■書評・紹介

■言及



*作成:樋口 也寸志
UP:20110424 REV:
社会福祉・社会保障:中国  ◇『家庭・学校と地域社会――地域教育社会学』  ◇身体×世界:関連書籍 1980'  ◇BOOK
TOP HOME (http://www.arsvi.com)