HOME > BOOK

『明日もまた今日のごとく』

最首 悟 19880420 どうぶつ社,246p.


このHP経由で購入すると寄付されます

最首 悟 19880420 『明日もまた今日のごとく』,どうぶつ社,246p. ISBN-10: 4886222412 ISBN-13: 978-4886222411 1800 [amazon][kinokuniya] ※/本郷S10-1313 m34. e19.

■HPに収録されています
 http://www.geocities.jp/saishjuku/asumo.html


■出版社/著者からの内容紹介
〈障害児〉をとおして、〈水俣〉をとおして、人間とは何か、幸せとは何か、どう生きるかを真摯に問う、気鋭の学徒の自伝的意欲作。

■目次

明日もまた今日のごとく
 かけがえのない子だと実感するとき
 教育とか福祉について考える
 家族がしあわせを感じる瞬間
水俣誌々
 意図して忘れようとする動きに抗して
 再考、水俣病
 湯堂という漁村の運命
 水俣で自らに問う
 甘夏みかん
 緒方正人の思想と行動
 『縮刷版水俣―患者とともに』に思う
 HIROSHIMA・NAGASAKI・MINAMATA
 向こう側とこちら側
 〈水俣学〉を、どのように、どう続けるか
 御所浦という島の場合
 苦しみのなかに漂うもの
不知火海巨人伝説考

■紹介・言及

◆立岩 真也 2003/07/25 「最首悟の本」(医療と社会ブックガイド・30),『看護教育』44-07(2003-07):(医学書院)
 「単著の最初の本が『生あるものは皆この海に染まり』(新曜社、一九八四)。次が『明日もまた今日のごとく』(どうぶつ社、一九八八)。いずれも出版社で品切れになっているが、後者は最首塾のHPで大部分を読むことができる。品切れ・絶版になった本をHPに掲載というのはよいことだと思う。一九六七年生まれの星子さんのこと、それから彼がずっと関係してきた水俣病の人たちのこと、水俣のこと等についての文章や講演の記録が収録されている。」


UP:20070401
最首 悟  ◇水俣病  ◇身体×世界:関連書籍  ◇BOOK  ◇生存学創成拠点
TOP HOME (http://www.arsvi.com)