HOME > BOOK >

『ことばが劈かれるとき』

竹内 敏晴 19880126 ちくま文庫,309p.

Tweet
last update:20170326

このHP経由で購入すると寄付されます


■竹内 敏晴 19880126 『ことばが劈かれるとき』,ちくま文庫,309p. ISBN-10:4480021787 ISBN-13:978-4480021786 640+ [amazon][kinokuniya]

■内容

[amazon]より  からだは、自分と世界とがふれる境界線だ。そこに必死になって生きようとしながら、閉ざされ、病み、ゆがむ“からだ”…。幼時に耳を病んだ著者が、どのようにして“こえ”と“ことば”を回復し、自分と世界とのふれ合いを、また、人間関係のダイナミズムをとり戻していったか―。長く苦しい努力の過程を語りつつ、人間の生き方の根底を照らし出すユニークな一冊。

■目次

凍っていたノド
からだとことば
ことばとの出会い(失われたことば
発語への身悶え
物語と音への目覚め
師・岡倉士朗との出会い)
からだとの出会い(解体することば
演技=行動するからだ
弓の修行から
こえとの出会い
話しかけのレッスン)
治癒としてのレッスン(竹内演劇教室のはじまり
「ふれる」ということ―Sの場合
引き裂かれたからだ―Nの場合
対人恐怖について―WとMの場合
自閉症児とのふれあい―ひろし君の場合
現代社会とこえの歪み
明示性と含意性の統一)
からだそだて(「からだ」を吟味する
「体育」を「からだそだて」と読む
姿勢について
「からだ」としてのことば
「からだそだて」の観点から見た全教科のパースペクティブ〔ほか〕)

■引用

■書評・紹介

■言及



*作成:岩ア 弘泰
UP:20170326 REV:
身体×世界:関連書籍  ◇BOOK 
TOP HOME (http://www.arsvi.com)