HOME > BOOK >

『文化の読み方/書き方』

Geertz, Clifford 1988 Works and Lives: the Anthropologist as Author,Stanford University Press,168p.
=19960925 森泉 弘次(訳),岩波書店,277p.


Tweet
last update:20151026

このHP経由で購入すると寄付されます


■Geertz, Clifford 1988 Works and Lives: the Anthropologist as Author,Stanford University Press,168p. =19960925 森泉 弘次(訳) 『文化の読み方/書き方』,岩波書店,277p. ISBN-10:400002860X ISBN-13:978-4000028608  欠品 [amazon][kinokuniya] ※ er

■内容

人類学者にとって「書く」行為とは何か。彼らは世界各地の民族・文化とどうかかわり、それをどう記述してきたか。「劇場国家」論で知られる著者が、レヴィ=ストロース、ルース・ベネディクトらの著作を批判的に検討。

■目次

第1章 あちら側にいるということ――人類学と執筆の場面
第2章 テクストに内在する世界――『悲しき熱帯』の読み方
第3章 スライド写真技法――エヴァンス=プリッチャードによるアフリカ文化の透かし絵
第4章 目撃者としてのわたし――マリノフスキーの子どもたち
第5章 われわれ対われわれでない人びと――ベネディクトの旅
第6章 こちら側にいるということ――ともあれそれは誰の生活か

■引用

■書評・紹介

■言及



*作成:奥坊 由起子
UP:20151026 REV:(更新した日付全て)
民族・エスニシティ・人種(race)… 身体×世界:関連書籍  ◇BOOK

TOP HOME (http://www.arsvi.com)
QLOOKアクセス解析