HOME> BOOK

『生命倫理と道徳理論――医療倫理における道徳理論と道徳判断』

Brody, Baruch A. 1988 Moral Theory and Moral Judgements in Medical Ethics, Kluwer Academic Publishers B.V.
=19970401 長島隆・尾崎恭一・北沢恒人・日暮 雅夫・黒須三恵 訳,梓出版社,278p.


このHP経由で[amazon]で購入していただけると感謝。

■Brody, Baruch A. 1988 Moral Theory and Moral Judgements in Medical Ethics, Kluwer Academic Publishers B.V.
=19970401 長島隆・尾崎恭一・北沢恒人・日暮 雅夫・黒須三恵 訳,『生命倫理と道徳理論――医療倫理における道徳理論と道徳判断』,梓出版社,278p. ISBN-10: 487262002X ISBN-13: 978-4872620023 3045 [amazon] ※ b be p

■内容


■目次

凡例

序章 生命医学倫理学における道徳倫理と道徳判断

第1章 派生的功利主義的な諸帰結
第1節 功利主義的目標とカント的制限
第2節 楽観主義者の中の功利主義者たち
第3節 功利主義とインフォームド・コンセントの要求
第4節 ラディクとライマンに対する応答

第2章 自然権に関する決議論
第1節 道徳的諸権利と因果決疑論
第2節 不作為による死亡
第3節 コーヒーと決疑論

第3章 マルクスの理論:道徳的含意を導出すること
第1節 マルクス主義と道徳判断
第2節 マルクス、道徳判断、および医療倫理:ブキャナンに対する注釈

第4章
第1節 理性の実践を和解させること、すなわちキリスト教の文脈における決疑論
第2節 社会的文脈におけるキリスト教――実践的根拠づけと赦し

第5章 理論から実践へ
第1節 道徳的法則と道徳的判断との関係:カント主義批評
第2節 倫理学における正当化
第3節 倫理学における理論と実践

訳者あとがき
索引

■書評・紹介・言及



*作成:鹿島 萌子
UP:20090311 REV:20100717
日暮 雅夫  ◇生命倫理 bioethics  ◇哲学/政治哲学(political philosophy)/倫理学  ◇身体×世界:関連書籍  ◇BOOK
TOP HOME (http://www.arsvi.com)