HOME > BOOK >

『エイズは人類を滅ぼすか』

渡辺 雄二 19871105 時事通信社,214p.

Tweet
last update:20160829

このHP経由で購入すると寄付されます


■渡辺 雄二 19871105 『エイズは人類を滅ぼすか』,時事通信社,214p. ISBN-10:4-7887-8635-4 ISBN-13: 978-4788786356 欠品 [amazon][kinokuniya] ※ hiv

■内容

[amazon]より

なぜいまエイズが出現したのか?エイズの正体は?
エイズが発する危険信号とは?エイズと生命の謎、エイズと現代文明の関係は?
エイズ対策はいま?エイズ撲滅の可能性は…等々、
エイズに関するすべての疑問に答えます。

■目次

1 現代文明がエイズを生み出した
 エイズとアメリカの恥部
 なぜ、いまエイズが出現したのか
 エイズを広めた「性革命」と「ゲイ解放運動」
2 エイズは人類への“第2の警告”だ
 日本のホモセクシャルに広がるエイズ
 輸入血液製剤によるエイズ
 エイズが発する危険信号
3 エイズが“生命の神秘”を解き明かす
 ウイルスがひもとく日本人の起源
 免疫機構と細菌・ウイルスの微妙なバランス
 人間の遺伝子に出入りするウイルスの遺伝子
 どんな生物も“自然の摂理”を逸脱しては生きられない)
4 エイズが現代社会の歪みを照らし出す
 差別・迫害されるエイズ患者
 エイズに感染した女性は子どもを産めない
5 エイズ対策はいま
 性に関わる感染症対策のむずかしさ
 日本でも輸血による感染の恐れ
エピローグ エイズとの長い戦い―エイズから何を学ぶか

■引用

■書評・紹介

■言及



*作成:岩ア 弘泰
UP:20160829 REV:
HIV/AIDS 身体×世界:関連書籍  ◇BOOK
TOP HOME (http://www.arsvi.com)