HOME > BOOK >

『「ことなり」の現象学――役割行為のオントプラクソロギー』

小林 敏明 198711 弘文堂,233p.

last update: 20130619

このHP経由で購入すると寄付されます

■小林 敏明 198711 『「ことなり」の現象学――役割行為のオントプラクソロギー』,弘文堂,233p.  ISBN-10: 4335160135 ISBN-13: 978-4335160134 欠品 [amazon][kinokuniya] ※:[広田氏蔵書]

■内容

内容(「BOOK」データベースより)
斬新な視点からハイデッガー、デリダ、木村敏、広松渉、丸山圭三郎らのテクストを読み解きつつ独自の〈ことなり〉論の展開をめざす。抑制の利いた筆致の中に「反形而上学」への強い意志がにじみ出る好著。

■目次

1章 問題としての〈こと〉と〈もの〉
 自己と〈こと〉
 精神病理の時間
 役割と〈もの〉
2章 存在論的差異をめぐって
 〈あるもの〉の存在論的意味
 Seinを〈こと〉として改釈すること
3章 物象化・差異・ことなり
 物象化論の間隙  差異のアントロポロギー
 〈ことなり〉の思想

■引用

■書評・紹介

■言及



*作成:能勢 桂介
UP: 20130619
身体×世界:関連書籍  ◇BOOK
TOP HOME (http://www.arsvi.com)